毎日ゲンキ!

生活の気になるアレコレを調査!

健康・美容・運動

プール嫌いの子供はなぜ怖がるの?克服して楽しいと感じさせよう!

投稿日:

子供をプールに連れていった時に
泣いてどうしようもなくなったことはありませんか?

スポンサーリンク
  

プール嫌いの子供はなぜ怖がるの?

プールが嫌いな小さいお子さんは、プールに底知れない怖さを感じています。
お風呂よりも大きなプールというのは元々お子さんにとっては未知の世界です。
そこにさらに
・顔に水が付く
・耳や目、鼻に水が入る
・息が出来ない
・足がつかない

などなど、普段の生活では起こらないことが連続して起こるため
“怖い”
と感じてしまうのです。

でも小学校から授業でプールに入るようになります。
泳げなくてもせめてプールに入れるようになって欲しい!
そう思っているお母さんお父さんはたくさんいるはずです。

でも安心してください。
お母さんお父さんが一緒に練習してあげて
ちょっと背中を押してあげるだけで、プールが嫌いだったお子さんも
プールに入れるようになります。

プール嫌いの克服方法

プール嫌いのお子さんは“水嫌い”なんです。
なのでこの“水嫌い”を克服させましょう。

ここでいきなりプールにお子さんを連れて行ったら
プール嫌いがさらに強くなるかもしれません。
なのでまずはお子さんと一緒にお風呂で慣れさせていきましょう。

小さいお子さんはお母さんお父さんの「真似」をすることが大好きです。
そして褒められたり楽しくて笑ったりするのが大好きです。
この特徴を生かして水で遊ぶのは楽しいと思わせてあげるのが大事です。

一緒にお子さんとお風呂に入ったときに

1、まずはお湯をバシャバシャ叩いて遊びます。

楽しいね~と声を掛けてあげながら一緒に遊んでください。
この時に顔に水がかかるので初めのうちは手で拭ってあげましょう。
そのうち目や鼻に入って痛い、気持ち悪いと
自分で拭えるようになればOKです。

2、5秒間の息止めごっこをして遊んでみよう。

まずはお手本をみせてから真似をさせてみましょう。
大きく息を吸って頬っぺたに大げさなくらい
空気をためて息を止めてみてください。
このときににらめっこみたいにして
お子さんと息を止めるのを楽しんでみましょう。
鼻に水が入ると痛いと感じるので息を吸うときは
口で息を吸うようにしてください。
お子さんもこれが出来たら褒めてください。

スポンサーリンク
3、湯船に顔つけてみます。

息を止めたまま湯船に顔をつけてみます。
これも先ほど練習した5秒間の息止めと同じように
お手本を見せて真似させてみます。
こちらも出来たらいっぱい褒めてあげてください。

ここまで出来るようになったらお風呂は卒業です。
次はプールに一緒に入ってみましょう。

プールで子供と遊んで楽しいと教えよう

まずはお子さんも足が着く浅い幼児用プールに入りましょう。
この時に、耳栓、水中メガネは必ずつけてあげてください。

※プール施設によって使って良いもの、悪いもの、
着けなければならないものがありますので、
プールの名前で検索してホームページから注意事項を読んでください。

まずは幼児用プールでお風呂でやったのと同じように
バシャバシャ叩いて遊ぶ⇒息止め⇒顔を付ける
の順番でプールでも同じことが出来るか試してみましょう。

これが出来るようになっていれば
水が怖いというのは克服できています。
このときも必ず褒めてあげてくださいね。

そのあとは、水を掛けてみたりプールに寝転がせてみたりと
プールの水にとにかく慣れさせていきましょう。

ちょっと泳ぐ真似をしだしたら
浮き具を付けてあげてまた幼児用プールで遊びます。

浮くのが楽しそうならば、あまり人がいない時に
足のつかない遊泳プールに入れてみます。

その時には必ず抱っこしていれてあげましょう。
そこからゆっくりと手を放していって浮き具で浮いて
楽しんでいればもうプールは怖くありません。

手をつないで引っ張って遊んであげてください。

そしてプールから上がったらジュースやアイス、お菓子などを
買ってあげると、お子さんにとってプールの楽しみがさらに増えて
自分から行きたがるようになるのでお勧めです。

まとめ

ゆっくり段階を踏んでお母さんお父さんが一緒になって
遊んであげればお子さんは嫌いなプールでも好きになれます。

一個一個出来たら目一杯褒めてあげて、笑顔で一緒に遊びながら
プールに慣れさせていきましょう。

最後にプールは体力をたくさん使います。
家に帰ったら、必ずお昼寝をさせてください。

スポンサーリンク

-健康・美容・運動
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ダイエットで即効性がある方法とは?

せっかくダイエットを決意しても、なかなか体重が減らなければモチベーションが下がってしまいますよね。 それに、大好きな人とのデートや海水浴など、大事なイベントが間近に迫っていて、すぐに結果が欲しい…とい …

子供を連れた海水浴で心得ておきたい熱中症対策3つ!

夏と言えば海。夏休みの思い出作りに、子供を連れて海水浴へ行く家庭も多いのではないでしょうか? そんな海水浴で気をつけたいのが熱中症です。 「海に入っていれば大丈夫」と思っていませんか?実は海の中でも汗 …

冬場で室内の乾燥を防ぐための対策は?

冬場になると風邪やインフルエンザが流行するようになります。 誰かが一人でもウイルスを持って帰ってきてしまうと、瞬く間に家族全員に広がってしまうこともあるでしょう。 室内の感想はウイルスが蔓延してしまう …

ダイエット中の体重測定はいつがいい?時間と頻度を決めよう!

ダイエット中は行う体重測定はいつしていますか? ついつい体重が気になってしまい、 一日に何度も何度も体重計に乗っていませんか? でもそれだと逆効果です。 ダイエット中は必ず時間を決めて 正しく体重測定 …

子供に教えておきたい咳エチケット|ウイルスの感染を防ごう!

冬になると風邪やインフルエンザなどの人から人へ感染する病気が増えます。 もしかかってしまった場合には、病気を治し他の人に感染させないように学校や仕事を休みますので、感染が広がることは少ないです。 でも …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。