毎日ゲンキ!

生活の気になるアレコレを調査!

健康・美容・運動

プール嫌いの子供はなぜ怖がるの?克服して楽しいと感じさせよう!

投稿日:

子供をプールに連れていった時に
泣いてどうしようもなくなったことはありませんか?

スポンサーリンク
  

プール嫌いの子供はなぜ怖がるの?

プールが嫌いな小さいお子さんは、プールに底知れない怖さを感じています。
お風呂よりも大きなプールというのは元々お子さんにとっては未知の世界です。
そこにさらに
・顔に水が付く
・耳や目、鼻に水が入る
・息が出来ない
・足がつかない

などなど、普段の生活では起こらないことが連続して起こるため
“怖い”
と感じてしまうのです。

でも小学校から授業でプールに入るようになります。
泳げなくてもせめてプールに入れるようになって欲しい!
そう思っているお母さんお父さんはたくさんいるはずです。

でも安心してください。
お母さんお父さんが一緒に練習してあげて
ちょっと背中を押してあげるだけで、プールが嫌いだったお子さんも
プールに入れるようになります。

プール嫌いの克服方法

プール嫌いのお子さんは“水嫌い”なんです。
なのでこの“水嫌い”を克服させましょう。

ここでいきなりプールにお子さんを連れて行ったら
プール嫌いがさらに強くなるかもしれません。
なのでまずはお子さんと一緒にお風呂で慣れさせていきましょう。

小さいお子さんはお母さんお父さんの「真似」をすることが大好きです。
そして褒められたり楽しくて笑ったりするのが大好きです。
この特徴を生かして水で遊ぶのは楽しいと思わせてあげるのが大事です。

一緒にお子さんとお風呂に入ったときに

1、まずはお湯をバシャバシャ叩いて遊びます。

楽しいね~と声を掛けてあげながら一緒に遊んでください。
この時に顔に水がかかるので初めのうちは手で拭ってあげましょう。
そのうち目や鼻に入って痛い、気持ち悪いと
自分で拭えるようになればOKです。

2、5秒間の息止めごっこをして遊んでみよう。

まずはお手本をみせてから真似をさせてみましょう。
大きく息を吸って頬っぺたに大げさなくらい
空気をためて息を止めてみてください。
このときににらめっこみたいにして
お子さんと息を止めるのを楽しんでみましょう。
鼻に水が入ると痛いと感じるので息を吸うときは
口で息を吸うようにしてください。
お子さんもこれが出来たら褒めてください。

スポンサーリンク
3、湯船に顔つけてみます。

息を止めたまま湯船に顔をつけてみます。
これも先ほど練習した5秒間の息止めと同じように
お手本を見せて真似させてみます。
こちらも出来たらいっぱい褒めてあげてください。

ここまで出来るようになったらお風呂は卒業です。
次はプールに一緒に入ってみましょう。

プールで子供と遊んで楽しいと教えよう

まずはお子さんも足が着く浅い幼児用プールに入りましょう。
この時に、耳栓、水中メガネは必ずつけてあげてください。

※プール施設によって使って良いもの、悪いもの、
着けなければならないものがありますので、
プールの名前で検索してホームページから注意事項を読んでください。

まずは幼児用プールでお風呂でやったのと同じように
バシャバシャ叩いて遊ぶ⇒息止め⇒顔を付ける
の順番でプールでも同じことが出来るか試してみましょう。

これが出来るようになっていれば
水が怖いというのは克服できています。
このときも必ず褒めてあげてくださいね。

そのあとは、水を掛けてみたりプールに寝転がせてみたりと
プールの水にとにかく慣れさせていきましょう。

ちょっと泳ぐ真似をしだしたら
浮き具を付けてあげてまた幼児用プールで遊びます。

浮くのが楽しそうならば、あまり人がいない時に
足のつかない遊泳プールに入れてみます。

その時には必ず抱っこしていれてあげましょう。
そこからゆっくりと手を放していって浮き具で浮いて
楽しんでいればもうプールは怖くありません。

手をつないで引っ張って遊んであげてください。

そしてプールから上がったらジュースやアイス、お菓子などを
買ってあげると、お子さんにとってプールの楽しみがさらに増えて
自分から行きたがるようになるのでお勧めです。

まとめ

ゆっくり段階を踏んでお母さんお父さんが一緒になって
遊んであげればお子さんは嫌いなプールでも好きになれます。

一個一個出来たら目一杯褒めてあげて、笑顔で一緒に遊びながら
プールに慣れさせていきましょう。

最後にプールは体力をたくさん使います。
家に帰ったら、必ずお昼寝をさせてください。

スポンサーリンク

-健康・美容・運動
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

夏までにダイエット!下半身痩せしたいなら?

夏は薄着の季節。夏が近づくにつれ、身体のラインが気になってくる女性は多いのでは? ショートパンツを可愛く穿きたい。海やプールでパレオなしで水着を着たいなど。スタイルを意識する機会も増えます。 特に痩せ …

9月に肌荒れの原因は夏の日焼けと乾燥です。冬になる前に対策を!

9月になって肌荒れが気になりませんか? 肌がカサカサして、皮がむけやすくなっている。 最近になって、肌の弾力が無くなってきている。 そんな悩みはありませんか? でも深く悩まないでください。 いや、少し …

ウォーキングで日焼け対策できる服装は?最適な時間と防止する食べ物

肌の露出が増える夏場では、日ごろの運動不足が気になります。 春先からウォーキングをスタートする人が多いですが、 夏場の日差しが気になりますよね? そこでウォーキングでの日焼け対策を紹介します。 スポン …

車の運転で日焼け対策は必要?「頭顔首腕手」用の服装と簡単グッズ

自家用車を持っていると、 毎日の通勤や送り迎え、買い物、レジャーから帰省まで 車を運転する機会はとても多いと思います。 そんな運転中、暑い日差しに気を付けていますか? スポンサーリンク

テレビで紹介されるダイエットがなかなか成功しない理由とは?

テレビで話題のダイエットをやってみよう! そうやって始めたダイエット成功しましたか? スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。