毎日ゲンキ!

生活の気になるアレコレを調査!

健康・美容・運動

熱中症対策は万全?赤ちゃんは室内でも注意!夜も気を抜けない!

投稿日:

家庭での熱中症対策は万全ですか?
家の中で過ごしているからと言って安心はできません。
特に赤ちゃんのいる家庭は敏感になって対策を立てましょう。

スポンサーリンク
  

熱中症対策は赤ちゃんのことを一番に考える

赤ちゃんの熱中症対策はすべて、
お父さんお母さんがやらなければいけません。

なぜなら室温調整や水分補給が自分で出来る大人と違い
赤ちゃんは自分では何もできません。

特に赤ちゃんは大人とは違い体温調節機能がしっかりと
出来上がっていないので、十分に注意をしてください。

また、1歳未満の赤ちゃんは、基礎体温が成人よりも高いです。
成人の基礎体温は35.5℃~36.5℃に対して
赤ちゃんは36.5℃~37.5℃と約1℃高いです。

なので同じ素材の同じ形の服を着ていても熱がすぐこもってしまい
汗をたくさんかきます。

なのでお父さんお母さんは赤ちゃんは根本的に自分とは違う
と考えて一番に考えなくてあげなくてはなりません。

でも熱中症の対策は何に気を付ければいいのでしょう。

熱中症対策は室内環境を整え、水分補給を行う

熱中症対策として考えることは

・温度、湿度調整
・水分、塩分の補給

の2つです。

まず温度・湿度調整ですが、1歳未満の赤ちゃんには
温度18℃~26℃、湿度40%~60%
が適正範囲です。

温度については
18℃~22℃では成人でも肌寒い感じると思いますので
24℃~26℃くらいで調整すると良いと思います。

湿度については、
喉の乾燥をしない、蒸し暑くならない
という2つをクリアできていれば大丈夫です。
但し赤ちゃん目線で考えてください。
それを考えたものならば40%~60%じゃなきゃいけない!
と固く考えずにいても大丈夫だと思います。

どちらもエアコンがあれば調整は楽に出来るでしょう
念のため、温度と湿度の両方を表示してくれる温度計が
あると便利です。

もしエアコンがなければアイスノンや保冷剤などを
タオルに巻いてベビーベッドのそばに置くと
調整も可能です。

エアコンだと体調が悪くなる
というお父さんお母さん、または赤ちゃんもいると思います。
そんな時には、エアコンを温度を低めに設定して
窓を全開にしてみましょう。
外気を混ぜるとエアコンによる乾燥が軽減されますし
部屋の温度は外の温度そのままにはならず
しっかりと冷やしてくれます。
電気代は多少かかりますが、風邪で病院に行くよりは安いですし、
熱中症は最悪死に至るものなので、1歳~2歳くらいまでは
熱中症対策のほうに専念するほうが良いです。

スポンサーリンク

また日差しについても考えてください。
部屋の中でも、大きな窓やベランダの近くなどは
日差しが入り、赤ちゃんに直接日が当たります。
こうなると、室温以上に体温が上がるようになりますので、
熱中症になりやすいです。

夏場は日陰や直接日差しが入らない明るい場所に
ベッドを移してあげてください。

また汗をかくと服がぬれて風邪をひいてしまうかもしれません。
こまめに通気性の良い服に着替えさせてあげましょう。

次に水分、塩分の補給です。
ミルクや母乳を飲んでいる赤ちゃんは、水分、塩分補給はそれで大丈夫です。
但し、おしっこの量が少ない、いつもより多く飲む
というときには熱中症の初期症状が始まっている可能性があります。
ミルクや母乳を十分にあげて涼しい部屋で様子をみてあげてください。

離乳食が始まった赤ちゃんならば
ベビー用麦茶を飲ませてあげてください。
上記のような熱中症の初期症状がみられるときには
ベビー用イオン飲料などを飲ませてあげましょう。
経口補水液として有名なOS-1なども良いですが、
下痢を引き起こしてしまう可能性がありますので
かならず小児科のお医者さんに聞いてからにしてください。

熱中症対策で見落としがちな夜、寝ているときの注意

日中の熱中症対策は万全だという人は、
次に夜や寝ているときの熱中症対策について考えてみてください。

夜は日中と違い日差しもなくなり、気温も下がることから
体感的に涼しいと感じると思います。
大人は窓を開けて扇風機でも大丈夫ですが
赤ちゃんには暑い環境かもしれません。
夜になっても温度、湿度の確認を行うようにしてください。

但し前の章でお話しした「窓開けてクーラーを使用」して
部屋の温度、湿度調整という対策対策が取れない場合があります。
それは夜泣きによるご近所の目が気になる、という場合です。
その場合には、日中は「窓開けてクーラーを使用」、
夜は窓を閉めてアイスノンや保冷剤などを使うなど
状況に応じて使い分けましょう。

また寝るときですが、先ほども書いたとおりに
1歳未満の赤ちゃんの基礎体温は大人よりも高いので
掛け布団などは熱がこもりやすく汗をかきやすいので注意が必要です。
掛け布団を使うときには、手足を出してあげると良いでしょう。
掛け布団を使わずに腹巻を着せて寝かせるのも一つの方法です。

最後に

熱中症は大人でも死亡事件があるくらい危険なものです。
正しい対策をとって夏を過ごしましょう。

スポンサーリンク

-健康・美容・運動
-


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

一人暮らしの女性が冬に太りやすい理由と解消法!

女性にとってダイエットは永遠のテーマですよね。 しかし一人暮らしではつい自分を甘やかしてしまいがちになります。 特に冬はせっかくダイエットをしても太ってしまうという女性も多いのではないでしょうか? ス …

ダイエット中はお酒は厳禁?飲み会攻略法を知ろう

糖質やカロリーなど、お酒にはダイエットの大敵がたっぷり含まれています。 特に甘い味わいのお酒や、米から醸造する日本酒はカロリーが多いお酒の1つです。 スポンサーリンク でも飲み会やパーティーなど、どう …

便秘の原因は生活習慣にある!食べ物・水分・運動・睡眠が不足してる?

毎日便秘で悩んでいませんか? 市販の便秘用の薬を飲んだり、 テレビでやってた便秘対策を試したり。 スポンサーリンク 色々頑張っているけど効果が出ない! そんなあなたは普段の生活習慣が原因かもしれません …

ズボラデブ必見!コンビニの食事で上手にダイエットが出来る!

ダイエットしたいけど低カロリーメニューを毎日作るなんて面倒・・・ そんなズボラな人は、コンビニを活用してダイエットを行いましょう。 コンビニはダイエットの敵にもなり味方にもなります。 なぜならお弁当や …

ミョウバン水で脇や足の臭いを除去!作り方から保存方法、使い道紹介!

汗や体臭が気になるけど、なかなかいい制汗グッズが見つからない。 そんなあなたは「ミョウバン水」を知っていますか? 手軽に安く作れて気になる体臭を改善できるかもしれません。 スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。