毎日ゲンキ!

生活の気になるアレコレを調査!

気持ち・マインド

ネガティブをポジティブにするには?言葉を選んで脳に想像させよう!

投稿日:2018年5月31日 更新日:

ネガティブな人は、マイナスの言葉を言います。
「私なんて」
「どうせ」
いつまでもネガティブに生きたいですか?

スポンサーリンク
  

ネガティブな人の言葉の呪縛

ネガティブな人は非常にストレスがたまりやすいです。
でも人間はちょっとしたことでポジティブに生きることが出来ます。
なぜならあなたには良いところがいっぱいあるんです。

と、こんなアドバイスや励ましで
「負けないように頑張る!」
という言葉が思いついたなら
まだネガティブ脱却は出来ません。

というのもその言葉は一見ポジティブに見えてネガティブな言葉だからです。

言葉というのは人間に非常に強い影響を与えます。

「言霊」 ※言葉に宿る霊的な力
というものが古来の日本では信じられていたほどですから。

さて、ではどこがネガティブであるのかを指摘すると
“負け”というたった1語です。

なんでこんな1語でネガティブだと決めつけるのか?
それは意味としてネガティブでも脳は意味を考えるより先に
想像をしてしまうからです。

人間の脳は思っているより単純

言葉が人間に与える影響は大きいですが、
その言葉の意味を理解しているはずの脳は
逆のことを想像していることがあります。

このことを理解していただくために
まず一つ例を出しましょう。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あなたはこれから私の言うことを想像しないでください。

絶対に想像しないでください。

あなたは黒い猫を想像しないで下さい。

いいですか?絶対に黒い猫を想像しないで下さい。

あなたは赤いサンタの帽子をかぶっている黒い猫を
想像しないで下さい。

あなたは狭い路地にいるサンタの帽子をかぶった黒い猫を
絶対に想像しないでください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

どうですか?

今あなたの頭の中には
「狭い路地にいるサンタ帽の黒猫」
が浮かび上がりませんでしたか?

私が「想像しないでください」と初めに2回も忠告し、
その後もずっと言い続けていたことを脳は守ることが出来ないのです。

これが脳が逆のことを想像しているということです。
脳は言葉をまずそのまま想像してしまいます。
言ってしまえば脳は単純なものなのです。
でもこの脳の単純さは
「ネガティブをポジティブに変えるエッセンス」
なのです。

さて最初に言った
「負けないように頑張る」
という言葉は“負け”の1語でネガティブになるのか
解説を加えていきましょう。

例えば、

なにかの競技で自分と1、2位を争う選手に対して

「あの人には絶対負けない!」
と思うとします。

意味としては“あの人に負ける”を否定しているため、
“勝つ”ということですが、
脳はまず“あの人に負ける”ことを想像してしまいます。

スポンサーリンク

“あの人に負ける”ことを一回想像してしまったら
いくら努力を重ねても
「やっぱり負けてしまうんじゃないか」
という次の想像をしてしまいます。
そして想像が膨らみ負けるイメージしか持てなくなるのです。

では逆に
「あの人に絶対勝つ」
と思ったならば、
意味としては先ほどと同じ意味になりますが、
脳が“あの人に勝つ”ことだけを想像します。

こちらも勝つイメージがどんどん膨らんでいきます。

さて、どちらが良い結果を生むと思いますか?

負けるイメージを持った人の努力
勝つイメージを持った人の努力

違いは明白ですよね?

言葉の選び方一つで人は変われます。

ポジティブな言葉を言う、考える

ポジティブに努力する

結果が生まれる

そしてこの結果の積み重ねをすることで
「私はだめだ」という思考回路から
「私も意外とやれば出来るんじゃない?」に変わり
「私は出来る」というポジティブな思考を持つことが出来ます。

他人から聞いた言葉は即座に変換して言葉に出す

先ほどまでは自分が言う、考える言葉について解説しました。

でもいくら自分で考える、喋る言葉を気を付けていても
他人の言葉はどうしようもないものです。

なのでそんな時には言葉の上書きを行いましょう。

例えば

自分を応援してくれている人からの
「負けないで!」
には
「うん、勝つよ!」
と宣言する。
落ち込んでるときに励ましてくれる人の
「あなたはダメなんかじゃない」
には
「そうだ、私にはいいところがいっぱいある」
と心で叫ぶ

そうやってネガティブな言葉を自分ですぐに上書きして
想像をさせていくのです。

因みに、自分の言葉も他人に影響を与えているということがあります。
これは人間関係にも影響してくるので気を付けたいところです。

ちょっと信じられない話をされたときに
「ウソだぁ~」
「ホントなの?」
とどちらかで聞き返すとします。

どちらも日常会話の反応としては正しいものです。
どちらも言葉の意味を捉えるならば
“聞いたことが真実であるのか疑っている”
ということになります。

でも違うのは
「ウソ」「ホント」
というマイナスな言葉、プラスな言葉であるということです。

さてこれを毎日友達に言っていたら聞いている相手の気持ちは
(この人はいつも疑ってきて悲しいな~)
(この人はいつも信じてくれて嬉しいな~)

という違いになるのです。

最後に

どうでしたか?
あなたのネガティブ思考はポジティブ思考に変えられます。

普段使う言葉、考えている言葉をプラスな言葉に置き換えれば
良い想像から良い結果が生まれます。

まずは自分の今の気持ちを紙に書いてみて、
ネガティブな言葉がそこに混ざっていないか。
ポジティブな言葉にするにはどう書けばよかったか。

一度考えてみて実践してください。

スポンサーリンク

-気持ち・マインド
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ダイエット失敗を経験した人が再び始める前に行うこと

あなたは「今より5kg痩せたい!」とか そういう目標でダイエットを行おうと思っていませんか? スポンサーリンク

2時間掛かるけど「ダイエットを諦めない」という鉄の意志を作る方法

ダイエットに必要なのは「鉄の意志」 ダイエットに成功する人と失敗する人の違いを知っていますか? それは「継続出来る」か「継続出来ないか」です。 スポンサーリンク

それって九月病?原因や症状はどんなもの?悪化しないうちに対策を!

夏の終わりを迎える九月 あなたは今、気分が落ち込んでいませんか? スポンサーリンク 現代のストレス社会では、どの季節でも落ち込むことはありますが、 九月は特に危険な季節です。 それって九月病かもしれま …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。