毎日ゲンキ!

生活の気になるアレコレを調査!

お盆 季節行事・イベント

お盆の期間はいつ?お墓参りの日時やお坊さんを呼ぶ日はどうする?

投稿日:2018年6月2日 更新日:

お盆っていつあるのか知っていますか?
若い人であると
「両親に任せっきりにしていたからよく分からない!」
と口をそろえて言います。
この記事ではお盆の日程の解説を行っていきます。

スポンサーリンク
  

お盆の期間はいつ?

お盆の期間は一般的に
8月13日~8月16日
の4日間です。

ただしお盆の期間は、地域やお寺よって差があります。
8月12日~15日、または7月13日~16日
をお盆としていることもあるので、
その地域に住んでいる人、親戚、お寺などに確認を行うのがベストです。

会社員の人はこの期間を夏季休暇として休むことが多く、
また本家筋の人など仏壇、お墓を守っている人は
準備と片付けのため12日~17日に休みを取ることが多いです。

東京では7月13日~16日をお盆とする文化がありますが、
東京で働いている人は地方出身者も多く、ほとんどの会社では
お盆休暇は8月13日~16日に合わせています。

お盆のお墓参りはいつすればいいの?

お盆中のお墓参りは

8月13日の朝
8月16日の夕方

の2回行うことが一般的です。

なぜ2回行うのかというと、
まず8月13日の朝にご先祖様をお墓まで迎えに行き、
そしてお盆の期間は仏壇のある家で過ごしていただき、
最後の8月16日の夕方にご先祖様をお墓にお送りする
という意味があるからです。

スポンサーリンク

もしお盆の帰省が遅れて14日や15日にお墓参りに行く場合には、
ご先祖様の御骨に敬意を払う意味で行けば失礼にはならないと思います。
その場合には必ず家についてから仏壇に手を合わせて、
家に帰ってきているご先祖様へ挨拶を行いましょう。

またお盆の期間はご先祖様が仏壇にいるということを忘れずに
お供え物を欠かさないようにしましょう。

お盆にお坊さんを呼ぶのはいつがいいの?

お盆の期間にお坊さんを家に呼んで棚経(お盆にお経をあげること)
する場合には、14日、15日のどちらかで親族が集まる日に行いましょう。

お寺への連絡は7月の下旬~8月の最初に行い、
来ていただく日程を決めましょう。

但しお盆の期間はお寺のお坊さんも多忙となり、
家にお呼びしてお経をあげていただくことが出来ない場合もあります。
その場合には、13日お迎えに行ったその日にお寺へ直接出向いて
お経をあげていただくなどをして対応しましょう。

地域やお寺の宗派によっても変わってきますので
直接お寺の住職さんへ聞いてみるといいですね。

まとめ

おさらいをすると、

お盆は8月13日~16日
お墓参りに行くのは13日朝と16日夕方
棚経は14日か15日

となっています。

親族一同が集まる日ですので、早めに連絡して
お盆の準備を行いましょう。

スポンサーリンク

-お盆, 季節行事・イベント
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

男性にオススメの一人で過ごすクリスマスの楽しみ方を紹介!

街をイルミネーションが彩り、様々な場所でクリスマスソングを耳にするこの季節、気になるのはクリスマスの過ごし方ですよね? クリスマスだからって恋人や友人と過ごさなければならない決まりはありません! スポ …

七五三の写真は撮るべき?撮影場所は?兄弟姉妹で同じがいい?

七五三の時に写真を撮っていますか? 2歳、4歳の子供はイヤイヤ期に突入、真っ最中で おめかしして長時間の撮影が大変だからと 写真を残さない人もいます。 スポンサーリンク 実際に七五三では写真を撮るべき …

一人ぼっちで過ごす寂しいクリスマス、楽しいクリスマスに変えるには

12月に入ると、街が一気にクリスマスの装いになります。 この頃から、恋人がいない人たちは寂しい思いをすることでしょう。 しかし、諦めるのはまだ早いです。 好きな人がいるならばアピールする良い機会になり …

バレンタイン!お返しはいらないけれどチョコを渡したい!

彼にバレンタインのチョコを渡したい。 でも、重たくならないようにお返しはいらないとさらりと伝えたい。 スポンサーリンク 職場に本命の彼がいる時、その後の人間関係に支障が出ないためにも、大人としてスマー …

クリスマスの一人アピールは誰も得しない行為 【職場】【SNS】

クリスマスが近づくと街の雰囲気が変わってきます。 ネオンが輝きだし、百貨店や広場ではクリスマスの催し物が開かれるでしょう。 興味のない人にとっても、まったくクリスマスを意識せずに暮らすのは至難の業です …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。