毎日ゲンキ!

生活の気になるアレコレを調査!

健康・美容・運動

脇の下の臭いに有効な対策?日々のケアや生活習慣、洗濯の仕方で改善!

投稿日:

思春期になると男女ともに脇の臭いが気になるようになります。
それは異性や周りの目が気になりだしたからではなく、
ちょうど成長期辺りからに脇の下の臭いが強くなっていくからです。

一回気になりだしたらもう止まりませんよね?
そんなあなたのために即効性のある臭いを取る対策と
長期的な臭いの防止方法を紹介します。

スポンサーリンク
  

脇の下の臭いに即効性のある有効な対策とは?

脇の下に限らず体臭の原因というのは雑菌の増殖です。
なので即効性のある対策としては消毒、殺菌を行うことです。

具体的に言えば、

・アルコールペーパーで拭く。
・石鹸で洗う。
・殺菌効果のあるスプレーを掛ける。

といったことが挙げられます。

<アルコールペーパーで拭く>
アルコールペーパーで脇の下を直接拭きましょう。
拭くときは表面的にサッと拭くのではなく、
脇を洗うように拭きましょう。
(殺菌をしているんだという意識を持ってください。)

<石鹸で洗う>
手で石鹸を泡立てて、その泡で脇を洗いましょう。
水を少なめに泡立てて脇の下を洗い、
濡れたタオルやハンカチで2~3度拭き取ればOKです。

少しだけ服は濡れますが、服を脱がなくてもできます。

<殺菌効果のあるスプレーを掛ける>
脇の下に制汗スプレーをかける人はたくさんいますが、
すでに臭くなっている場合には、制汗スプレーよりも
消臭・除菌・殺菌系のスプレーをしましょう。

制汗スプレーは消臭・殺菌効果もありますが、
汗を掻く量を少なくする成分の方が多い場合があります。

即効性が欲しいならば除菌や殺菌を推している製品を選びましょう。
例えば靴の消臭スプレーなんかは制汗する必要のない製品ですので
除菌・殺菌効果が優れていると考えられます。
(但し身体に直接吹き付ける用に作られた製品ではないので、
肌に対して少し強い成分の可能性もあります。
腕などに吹きかけてみて肌に合うか試してみましょう。)

また殺菌・除菌に優れているミョウバンを水で溶かしたミョウバン水も有効です。
ミョウバン水を自作して霧吹き容器で持ち歩くか
ミョウバン水スプレーを買うのも一つの手です。

因みに香料スプレーや香水でごまかすと、さらにひどい臭いになります。
臭いは根本から取ってあげましょう。

ここまでで紹介した方法は即効性のある方法であり、
また汗を掻いてしまえば、臭いが戻ってきてしまいます。

なので、日々臭いケアを行って出来るだけ臭いを抑えるようにしましょう。

脇の下の臭いを抑えたい人は日々のケアが重要

前の章の最初に、体臭の原因は雑菌の増殖と言いました。
なので、雑菌が増殖しにくいような日々のケアを行っていきましょう。

<汗をかいたらこまめに拭く>
湿気が高いと雑菌が増殖しやすくなります。
汗を掻いたらすぐに拭くようにしましょう。

<脇の下に制汗パッドを付ける>
こまめに汗を拭いても雑菌がゆっくりと増殖しますので、
制汗パッドや除菌パッドなどを服の脇の下の部分に張りましょう。

<制汗剤・制汗スプレーを吹き付ける>
制汗スプレーを吹きかけるタイミングが重要になります。
制汗スプレーは、脇の下が殺菌されていて清潔な状態であり、
汗を掻いていない、肌の表面が乾いている状態で吹き付けてください。

よく運動の後に吹き付けている人もいますが、
汗が出ている状態ではほとんど意味がありません。

汗が引くまでは、アルコールペーパーなどで殺菌だけにして
汗が引いてから、殺菌後にスプレーしましょう。

<制汗・消臭効果のあるクリームやミョウバン水を塗る>
定期的に制汗効果・消臭効果のあるクリームや
先ほど少し紹介したミョウバン水を塗りましょう。

スポンサーリンク

塗るタイミングは雑菌が増殖する前が良いので、
出かける直前だけではなく、お風呂上がり就寝前後、お昼休みなど、
臭いが強くなる前に節目節目で塗るようにしましょう。

※ミョウバン水は殺菌、消臭だけではなく汗腺を収縮させるので
制汗効果もあります。

<体臭防止用の石鹸で体を洗う>
お風呂上りでも少し臭いがするというのならば、
洗い方が雑であるか、石鹸の洗浄力・殺菌力が弱いかです。

「ちゃんと洗っているのに・・・」という人は、
洗浄力の高い石鹸を選ぶようにしましょう。

例外として
「しっかりと爪を立てて洗っています!」
という人は、爪によって傷つけられた
肌の角質をエサにして雑菌が増殖している可能性があります。

身体を洗うときには専用のタオルか指の腹で洗いましょう。

脇の下のにおいケアとしては、以上のようなことに気を付けていれば
1日くらいは持つでしょう。
その1日を日々続けていれば、毎日臭いの悩みが解決できるということです。

また、脇の下への直接的なケアではなく、間接的なケアも重要となります。
直接脇の下には触らないけど臭いを抑える方法を紹介します。

脇の下の臭い改善は生活習慣と服の洗濯にある

臭いの原因の雑菌が増殖しないようにするために雑菌のエサとなる
汗に含まれる成分を抑える方法を紹介します。

雑菌のエサとなるのは、

・汗に含まれるタンパク質、油脂分
・毛穴にあるタンパク質や脂質
・剥がれ落ちた古い角質

です。
この雑菌のエサとなる3つをそれぞれ抑えていく方法を考えます。

<汗に含まれるたんぱく質、油脂分を抑える>
汗に含まれるたんぱく質や油脂分を抑えるには、
食事から摂取するタンパク質や油脂分を少なめにしましょう。

具体的には、
・動物性タンパク質(牛肉や豚肉など)の摂取を減らし、
植物性タンパク質(豆腐や納豆など大豆製品)を増やす。
・揚げ物は避ける。蒸したり焼いて脂分をキッチンペーパーで取り除く。
・インスタント麺やスナック菓子などを食べない。
といった頃に気を付けてください。

「健康的な和食」と呼ばれるような食事が理想です。

ただここで注意したいことがあり、
ストレスを溜めると、雑菌のエサを含んだ汗が出やすくなる。
ということがあります。
「緊張すると脂汗が出る」なんて言いますよね?
これは一時的に極度のストレスを感じているからなんです。

1日を通して考えれば、普段からストレスを感じていたら、
それだけ臭いの下となる汗が出やすくなると考えられます。

心身ともに健康なことがいいので、
いきなり食生活を変えるのではなく、徐々に変えていきましょう。

<毛穴にあるタンパク質や脂質を抑える>
毛穴の汚れを取るために、身体を洗う前に湯船に浸かりましょう。
特にシャワーだけ浴びている人は湯船に入る習慣をつけましょう。
しっかりと毛穴を広げてから身体を洗えば毛穴のたんぱく質や脂質を
落とすことが出来ます。。

<剥がれ落ちた古い角質>
身体を洗うときに、爪を立てたり洗いすぎたりすると
肌にダメージが入り、肌の方面が剥がれ落ちやすくなります。
身体は丁寧に洗っていきましょう。

このようなことに注意をすれば臭いの改善となります。

<服の洗濯に注意する>
服の洗濯の仕方にも注意をしていきましょう。
これはなぜかというと服にも肌の角質や汗に含まれる脂が移り、
雑な洗濯をしているとこれがそのまま服に残ってしまうからです。

特に脇の仕手の部分は服の縫い目になっているので、汚れが落ちにくく
乾くのが一番遅い場所のため、雑菌が増殖しやすいからです。

服の洗濯で気を付けることは、

・色物漂白剤で漬け置きしてから洗濯する。
・服を裏返しにして洗濯をする。
・洗剤の量をきっちりと守る。(多くてもダメ)
・洗濯が終わったらすぐに風通しの良いところで干す。

というところです。

最後に

脇の下の臭いは、体臭の中で足の裏と並ぶ強敵です。
特に若いうちは気になって仕方がなくなると思います。

ですが臭いを取る、抑える方法はだくさんあります。
そういう製品もたくさん出ています。

自分に合ったものに出会えるまで色々試してみましょう。

スポンサーリンク

-健康・美容・運動
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

夏のダイエットには熱中症や脱水症状に気を付けることが大切

夏が近づいてくると、ボディラインが気になりだし、ダイエットを始める人が増えてきます。 しかし、  夏場のダイエットには熱中症や脱水症状の危険がある  ので気をつけなければいけません …

睡眠不足を解消したい!適正な睡眠時間と寝る前の行動で改善しよう!

睡眠不足を解消する適正な睡眠時間とは あなたは毎日何時間寝ていますか? 毎日多忙で睡眠時間の確保が出来ない!ということはありませんか? スポンサーリンク

ダイエットの敵はエセ完璧主義!計画を1から見直そう!

エセ完璧主義ってなに? 苦しいダイエットだけど毎日計画を立てて順調に体重が減っていっている! それがたった1日サボっただけでそのままなし崩しにダイエットを止めてしまった。 そんな経験はありませんか? …

ダイエット失敗を経験した人が再び始める前に行うこと

あなたは「今より5kg痩せたい!」とか そういう目標でダイエットを行おうと思っていませんか? スポンサーリンク

日焼け防止は食事から出来る!必要な栄養素と食べ物を紹介!

夏は特に日焼けが気になる季節。 毎日の日焼け対策大変ですよね? 食べ物からでも日焼け防止対策になるって知っていましたか? スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。