毎日ゲンキ!

生活の気になるアレコレを調査!

健康・美容・運動

車の運転で日焼け対策は必要?「頭顔首腕手」用の服装と簡単グッズ

投稿日:

自家用車を持っていると、
毎日の通勤や送り迎え、買い物、レジャーから帰省まで
車を運転する機会はとても多いと思います。

そんな運転中、暑い日差しに気を付けていますか?

スポンサーリンク
  

車運転中の日焼け対策は短時間でも必要?

夏になれば日差しがまぶしくなり、
日焼けの原因の紫外線は強くなります。

普段の外出では日焼け対策はばっちりしている人でも、
ちょっとそこまでだし、車は窓もある車内だから大丈夫!
なんて勘違いしてる方が結構多いです。

あなたの車が新車でUVカットガラスを使われているならば、“ほぼ不要”です。

TOYOTAホームページ UVカットガラス
https://toyota.jp/estima/interior/comfort/?padid=ag373_from_uv

UVカットガラス?という方は日焼け対策は“必要”になります。

「え!?たった10分なのに?」
なんて思うかもしれません。

でも考えてみてください。
毎日10分が1週間立てば70分で1時間以上
1ヵ月で5時間程度の時間で日差しを浴びたことになります。

5時間日差しの下にいてあなたは日焼けしませんか?しますよね?
だから日焼け対策は必要なんです。

といっても車の中は外はちょっとだけ日焼け対策が変わります。

紫外線にはUV-AとUV-Bの2種類あります。

UV-A
⇒表面の皮膚ではなく奥の真皮にまで届く紫外線。

しみ、しわ、たるみを作るため、見た目の老化を加速させる。

UV-B
⇒皮膚の表面を赤くほてらせてひりひりとした炎症をおこす。
一般的な日焼けはこちらを連想させる。日焼けしすぎるとシミの原因にもなる。

普段の外出時は日焼けの痛みなどを考えて
UV-Bを中心日焼け止め対策を立てることを推奨しますが、
車の中ではUV-Aの日焼け対策をしましょう。

というのは、UVカットガラスでなくても、
UV-Bは車のガラスでほとんど遮断されますが、
UV-Aは大部分が車内まで届くからです。

参考として↓のURLを見ていただけるとわかりやすいと思います。

中島硝子工業株式会社
https://www.ngci.co.jp/tech/tech_kn21.html

これを考慮してUVカット昨日を選ぶときには
UV-Aをカットできるかで選んでいきましょう。

日焼け止め(UVカット)の効果は以下のようにあらわされます。
UV-B ⇒ SPFで表される。数値でSPF30、SPF50などのように表記。
UV-A ⇒ PAで表される。+の数でPA++++などのように表記。

SPF50 PA++++ というものであれば外でも車内でも通用します。
必ずPAを確認して選ぶようにしましょう。

次に車内で気を付けるべき日焼け部位と対処法を紹介ます。

運転中に服装で日焼け対策したいのは頭・顔・首・腕・手の5箇所

運転中に日焼けを特に気を付けたいのは、
頭、顔、首、腕、手
の5箇所です。

スポンサーリンク

まずはこの部位に先ほど開設した日焼け止めを塗るようにしましょう。

これは夏場に露出する部位です。
外であれば日傘などで隠せる場所になりますが、
車の中では日傘が使えないので、服装でカバーしましょう。


車の中ですが、帽子を被りましょう。
頭皮は髪の毛で隠されている分、日差しにとても弱いです。


日焼け止めが塗れない目元をサングラスで隠しましょう。


ストールを巻いて首を隠しましょう。
襟の高い服でも首を全ては隠しきれません。


アームカバーを付けましょう。袖の位置までカバーできる長いタイプを選ぶか
着ているシャツを5分丈、7分丈などを着るようにしましょう。


運転用の手袋をしましょう。
手まで着いたアームカバーであればそれで大丈夫です。
運転するときに滑ってしまうので、指が開いたもの選んでください。

またここで書いたもの普段の服装は
全てUVカット機能付きのものを選びましょう。

もしUVカット機能がついている服を持っていないなら
買いなおすか、UVカット機能洗剤を使用して洗濯をしよう。

UVカット洗剤はこういう商品です。
ファーファ UVカット衣料用洗剤 本体 800ml
お近くのスーパーや薬局などで探しましょう。

車内の日焼け対策が簡単に出来るグッズ

少しの外出でこんなに対策するの面倒くさい!
と思う人に簡単な日焼け対策グッズを紹介します。

窓ガラスのUVカット加工コーティング剤
クールプラスUV99.5 60ml

こういったコーティング剤を使えば、
時間がない時の紫外線対策としては有効です。

ですが、コーティング剤は剥がれてくるものなので、
塗ったその日から効果は少しずつ落ちていくと考えた方が良いでしょう。

最後に

車は生活に必要不可欠なものですので、
乗らないという選択肢はあまりとれないと思います。

夏場だけでも日焼け対策を行い、綺麗な肌をキープしましょう。

スポンサーリンク

-健康・美容・運動
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

日常生活で簡単にできるインフルエンザの予防法

毎年冬になると流行するインフルエンザは、通常の風邪とは違って急に高熱が出るなど症状が重く、かかってしまうと大変ですよね。 スポンサーリンク 小さなお子さんや高齢者は重症化するおそれがあるため、特に注意 …

夏風邪の特徴はナニ?長引く理由と早く治したいときに実践すること!

夏風邪は治りにくい病気です。 ・家族が夏風邪を引いた ・自分が夏風邪を引いた 高熱で大変と思います。 解熱剤などで熱が下がって読む余裕がある方は 参考にしてください。 スポンサーリンク

実は痩せやすい!ダイエットを冬に始めた方が良い理由とは?

涼しく快適な秋が過ぎ、寒さが厳しい冬が近付くと徐々に外に出るのが億劫になりますよね。 暑さにバテて食欲が落ちる夏とは違い、冬は食欲は変わらないのにかかわらず動くのが面倒ともなれば、脂肪を溜め込む原因に …

睡眠不足を解消したい!適正な睡眠時間と寝る前の行動で改善しよう!

睡眠不足を解消する適正な睡眠時間とは あなたは毎日何時間寝ていますか? 毎日多忙で睡眠時間の確保が出来ない!ということはありませんか? スポンサーリンク

子供を連れた海水浴で心得ておきたい熱中症対策3つ!

夏と言えば海。夏休みの思い出作りに、子供を連れて海水浴へ行く家庭も多いのではないでしょうか? そんな海水浴で気をつけたいのが熱中症です。 「海に入っていれば大丈夫」と思っていませんか?実は海の中でも汗 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。