毎日ゲンキ!

生活の気になるアレコレを調査!

健康・美容・運動

ポッコリお腹?ビール腹?解消は原因を考えてダイエットやトレーニング!

投稿日:

ワイシャツを着たらベルトからポッコリと出てくるお腹。
ビール腹とも呼ばれるそんなポッコリお腹は生活習慣によって
出来てしまうものなのです。
「お腹が恥ずかしい!」そう思うならば
思い切って今日から解消していきませんか?

スポンサーリンク
  

ポッコリお腹を解消したい!まずは原因別で自分を分析!

ポッコリお腹は大きく分けて3つの原因があります。

1、体脂肪が多く肥満によるポッコリお腹
2、筋肉量が減って内臓が下に落ちてきたポッコリお腹
3、便秘により腸を膨らんだときのポッコリお腹

本記事では1,2について解消法を後述しますが、
まずはこの3つについて少し解説を加えます。

<1、体脂肪多く肥満によるポッコリお腹>

「俺は太っている!お腹は特にポッコリだ!」
というあなたのポッコリお腹の原因は“肥満”です。

肥満でも人によって脂肪の付きやすい部分は違いますので、
あなたの場合は特にお腹周りに脂肪がつきやすかったというのが原因です。

ポッコリお腹の脂肪を燃焼させるにはどうすれば?
という疑問、願望が出てくると思いますが、
残念ながらどこか一か所のみで痩せることは出来ないため、
身体全体の脂肪を落とすダイエットが必要となります。

有酸素運動の他に、ストレッチや食事制限なども行いながら、
ダイエットを行っていきましょう。

ダイエットの方法については後述します。

<2、筋肉量が減って内臓が下に落ちてきたポッコリお腹>

「特に太ってはいないのに、お腹だけがポッコリしてる・・・」
というあなたは、「大腰筋」という筋肉が衰えている可能性が高いです。
大腰筋というのは、腰辺りから太ももの付け根の身体の内側に
ついている筋肉(インナーマッスル)です。

この筋肉は内臓を支えている筋肉でもあり、この筋肉が弱くなると
内臓が支えられずいへそ周りまで落ちてきて、元々へそ周りに合った脂肪が
前に出されるようになっているのです。

また、内臓が落ちてくると身体が内臓を温めて守ろうとするので、
お腹周りに脂肪がつきやすくなります。

1、で紹介した肥満が原因でポッコリお腹になっている人は、
同時にこちらも原因である可能性が高いです。

この「大腰筋」のトレーニングについては後述します。

<3、便秘により腸を膨らんだときのポッコリお腹>

1,2に当てはまらないかな~と思うあなたは、
ひょっとして便秘ではないですか?

便秘の人は、腸に便やガスが溜まってしまい、
お腹、特に下腹部がポッコリと出てくる場合があります。

その場合にはまず、便秘体質を治していかなければなりません。
まずは病院で相談し、食事や適度な運動など、生活習慣の
改善を行ってください。

ポッコリお腹を解消するダイエット

肥満に起因するポッコリお腹を解消するダイエットですが、
「2、筋肉量が減って内臓が下に落ちてきたポッコリお腹」
の部分も同時に原因であると言いました。

なのでここで紹介するダイエット方法と
次章で紹介するトレーニングを同時に行ってください。

ぽっこりお腹を解消するダイエットですが、お腹が出ていても出来る
身体全体の脂肪を落とすダイエットを行っていきます。

行うことは

・食事制限
・そこそこの有酸素運動
・ストレッチ

の3つです。

スポンサーリンク

<食事制限>
食事制限で気を付けることは、脂肪分と炭水化物を減らすことです。
脂肪分は脂質が多いお肉などでお腹につく脂肪の基です。
また炭水化物は消化されると糖になり、脂肪の燃焼を遅くさせてしまいます。
また食事前や食事中に糖の吸収を抑えるウーロン茶飲むようにしましょう。

極端な食事制限だと辛くて継続出来なくなりますので、
まずは1食をヘルシーな食事に置き換えていきましょう。

また1日に食べる量を変えず、回数を多くすることがダイエットに効果的です。
胃や腸で消化する回数が多いとその分エネルギーを使うことになります。
また一回で食べる量が減るので胃が小さくなり外食などに行っても食べ過ぎを
抑えることが出来ます。

<そこそこの有酸素運動>
脂肪の燃焼には有酸素運動を30分以上、毎日継続することが大切なので、
負荷を緩めたそこそこの有酸素運動を行っていきましょう。

そこそこの有酸素運動の種類は、運動に慣れているかで変わりますが、
散歩 ⇒ ウォーキング ⇒ スロージョギング ⇒ ジョギング ⇒ ランニング
の順番で負荷が強くなります。
毎日続けられると思う自分に合った負荷で運動をしましょう。

有酸素運動を行うのは朝(朝食前)が良いです。
理由としては、朝はエネルギーが空っぽなので脂肪を燃焼しやすいからです。

寝起きは胃が空っぽであり、睡眠中に夕食で摂取したエネルギーを
使っているので、脂肪からエネルギーを取り出してくれます。

寝ている最中に水分も失っているので、寝起きに水分補給をして
有酸素運動を行いましょう。

また一日の始まりに筋肉を温めると、日常生活の動きでも脂肪燃焼しやすくなります。

<ストレッチ>
ストレッチは朝(寝起き)と夜(お風呂後)に行いましょう。

ストレッチをすると血行が良くなることと、
筋肉の可動域が増えるため普段の生活や運動の時に
筋肉を大きく使うことができ、ダイエット効果が期待できます。

ポッコリお腹を解消するトレーニング

ポッコリお腹を引き締めるトレーニングは世の中色々ありますが、
一番にお勧めするのが下の動画のトレーニングです。

youtube
家でもどこでも出来る体幹トレーニングダイエット

どこでも出来る、短時間で出来る、寝る前などにちょこっと行うことが出来る
など、とっかかりがしやすいトレーニングです。

見ている限りは簡単に見えますが、やってみるとかなりの負荷があり、
時間を20秒⇒30秒⇒40秒・・・と増やしていくことで、筋肉が強化されている
という実感が持てやすくなります。

また痩せたい部位(お腹)を意識してそこの筋肉を使っていることを
意識しながら行うと不思議と痩せやすくなります。

まとめ

ポッコリお腹を引き締めるには、

ダイエットをする。
⇒寝起きでストレッチ
⇒早朝30分~1時間の有酸素運動
⇒朝食、昼食、夕食のどれか1食をヘルシーに
⇒お風呂の後にストレッチ
大腰筋を鍛えるトレーニングを行う。
便秘であれば先に治す。

さっそく今日の夜から実践していきましょう。

スポンサーリンク

-健康・美容・運動
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

テレビで紹介されるダイエットがなかなか成功しない理由とは?

テレビで話題のダイエットをやってみよう! そうやって始めたダイエット成功しましたか? スポンサーリンク

ウォーキングで日焼け対策できる服装は?最適な時間と防止する食べ物

肌の露出が増える夏場では、日ごろの運動不足が気になります。 春先からウォーキングをスタートする人が多いですが、 夏場の日差しが気になりますよね? そこでウォーキングでの日焼け対策を紹介します。 スポン …

消費カロリー計算して運動を!メッツを意識して計画的なダイエット!

とりあえず毎朝ウォーキング! とりあえず毎日ジョギング! とりあえず週二回のランニング! そんな「とりあえずダイエット」をしていませんか? スポンサーリンク 運動してカロリーを消費しなくては!と行動す …

日焼け後の肌のケアはどうする?おすすめの方法と注意したいこと

日焼けをしてヒリヒリ痛い! 今まさに日焼けで悩んでいるあなたに 肌のケアを紹介します。 スポンサーリンク

9月に肌荒れの原因は夏の日焼けと乾燥です。冬になる前に対策を!

9月になって肌荒れが気になりませんか? 肌がカサカサして、皮がむけやすくなっている。 最近になって、肌の弾力が無くなってきている。 スポンサーリンク そんな悩みはありませんか? でも深く悩まないでくだ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。