毎日ゲンキ!

生活の気になるアレコレを調査!

健康・美容・運動

日焼け後の肌のケアはどうする?おすすめの方法と注意したいこと

投稿日:

日焼けをしてヒリヒリ痛い!
今まさに日焼けで悩んでいるあなたに
肌のケアを紹介します。

スポンサーリンク
  

日焼け後の肌をケアする方法とは?

日焼けでヒリヒリするというときにまず必要なケアは、
肌を冷やすこと保水することです。

日焼けをした当日と翌日の肌が熱を持っているので
まずは冷やしましょう。

冷やし方は、保冷剤をタオルやハンカチにくるんで当てるか、
シャワーで間接的に流水で行ってください。
シャワーを直接だと弱った肌には刺激が強くなります。

そのあとは、化粧水やボディミルクで保水をしましょう。

日焼けをした患部がかぶれている場合には、
皮膚科へ受診しに行きましょう。

その後は健康的な食事と水分補給を行っていれば、
肌のターンオーバー(肌の再生)で治っていきます。

日焼けというのは、やけどです。
やけどした肌は、肌は弱くなっていますので、
刺激をしないようにしましょう。

日焼け後のケアにおすすめの方法は?

肌のケアは様々な方法や製品があります。
日焼けの肌に有効な方法を紹介していきます。
自分の肌に合ったもの探してみましょう。

<緑茶>
緑茶にはビタミンCやβカロテンが含まれていて、
この成分は肌の再生に有効です。

緑茶を飲む、緑茶を肌のパックとして利用するのが
肌の再生に有効となります。

<紅茶>
紅茶にはタンニンが含まれていて、これが肌の炎症や
ほてりを鎮めるこうかがあります。

スポンサーリンク

紅茶を肌パックに使用したり、濃いめの紅茶をお風呂に入れて
紅茶風呂にして入浴すると良いです。

<軟膏>
軟膏はむかしからやけどの治療に使用される塗り薬ですので、
日焼けにも有効です。

<ボディローション・ボディミルク・化粧水>
保水をするものとしてはボディーローション、
ボディミルク、化粧水などが一般的です。

保水成分が高いものを使用しましょう。
やけどの程度によって成分が強すぎる場合があります。

肌に塗ったときに違和感を感じたら
成分が弱いものに変えましょう。

選ぶ際にはアロエ系成分が入っているものがおすすめです。

<アロマオイル>
保湿効果や美肌効果のあるアロマオイルは、
肌のターンオーバー(肌の再生)にも効果的です。

またストレスは身体的な健康上の様々な問題を起こし
それはターンオーバー(肌の再生)にも当てはまります。

アロマオイルはリラックス効果があり、
ストレスを緩和してくれますので効果的です。。

日焼け後のケアで注意したいこと

日焼け後のケアで注意したいことがあります。

最初の方で日焼けをした当日と翌日は冷やすと書きましたが、
冷やす際に、アルコール系ペーパーやスプレーを使用することは厳禁です。

アルコール系のものは確かに涼しくなり爽快感がありますが、
アルコールはすぐに蒸発し、肌を乾燥させてしまいます。

普段使っているシャンプーやボディソープなども
爽快感のあるものは成分表示を見てみましょう。

エタノールメントールなどが書かれている場合には要注意です。

最後に

日焼けは、言ってしまえば全身のやけどです。
すぐに患部を冷やし保水を行って、
治るまでは肌への刺激を少なくして過ごしましょう。

スポンサーリンク

-健康・美容・運動
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ダイエット失敗を経験した人が再び始める前に行うこと

あなたは「今より5kg痩せたい!」とか そういう目標でダイエットを行おうと思っていませんか? スポンサーリンク

夏風邪の特徴はナニ?長引く理由と早く治したいときに実践すること!

夏風邪は治りにくい病気です。 ・家族が夏風邪を引いた ・自分が夏風邪を引いた 高熱で大変と思います。 解熱剤などで熱が下がって読む余裕がある方は 参考にしてください。 スポンサーリンク

2時間掛かるけど「ダイエットを諦めない」という鉄の意志を作る方法

ダイエットに必要なのは「鉄の意志」 ダイエットに成功する人と失敗する人の違いを知っていますか? それは「継続出来る」か「継続出来ないか」です。 スポンサーリンク

ノロウイルス対策のために気をつける食べ物と予防まとめ

冬になると流行りだすのが食中毒です。 代表的な原因はノロウイルスで、非常に強い感染力を有しています。 スポンサーリンク 特に11月から1月にかけての活動がピークとされており、多数の遺伝子型が存在するた …

ダイエット中はお酒は厳禁?飲み会攻略法を知ろう

糖質やカロリーなど、お酒にはダイエットの大敵がたっぷり含まれています。 特に甘い味わいのお酒や、米から醸造する日本酒はカロリーが多いお酒の1つです。 スポンサーリンク でも飲み会やパーティーなど、どう …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。