毎日ゲンキ!

生活の気になるアレコレを調査!

季節行事・イベント 残暑見舞い

残暑見舞いの時期はいつから?暑中見舞いと両方送る?会社用の例文は?

投稿日:2018年6月25日 更新日:

仕事で忙しかった夏も終わったので、
会社でお世話になった人へ「残暑見舞い」を送ろう!

でも今の時期は残暑見舞いで合ってるのかな?
いきなり残暑見舞いを送ってもいいのかな?
どんな文章で書けばいいのかな?

そんな疑問を解決していきます。

スポンサーリンク

残暑見舞いの時期はいつから?

日本の文化で季節の挨拶は、
年賀状、寒中見舞い、暑中見舞い、残暑見舞い
があります。

そして8月上旬~9月上旬頃の手紙や
ちょっとした品物を送るのが残暑見舞いです。

残暑見舞いの正確な時期は年によって変わりますが、
暦上では立秋(8月8日頃)から白露(9月8日頃)まで
送る季節の挨拶です。

2018年の立秋と白露は、
立秋 → 8月7日火曜日
白露 → 9月8日土曜日
となっています。

なので2018年に送る残暑見舞いは8月7日~9月7日までに
相手に届くように送りましょう。

また、8月末ころにはすでに涼しくなる地域では、
残暑が続いている8月中旬までに送る
のが礼儀となります。

もし9月に入って涼しくなり過ごしやすい時期になってから、
挨拶の手紙を送る場合には「残暑見舞い」ではなく、
普通の手紙で挨拶状を出すようにしましょう。

残暑見舞いと暑中見舞いは両方送るべき?

残暑見舞いと暑中見舞いの時期が連続してくるので、
両方送るべきなのか?送ったらしつこすぎないか?
と悩む人が多いです。

この結論はどちらでも大丈夫です。

普段の人付き合いとして、
相手が親しい人であれば定期的に連絡を取り、
相手が少し疎遠な人であれば1年に1~2回の挨拶だけで、
となっていますよね?

これと同じ考えましょう。
手紙を送りたいまたは礼儀として必要だろうと思ったら送り、
特に必要はないと思ったら送らなくて大丈夫です。

今後のお付き合いを考えて送るようにしましょう。

現在は、寒い時期と暑い時期に一回ずつ送るという人が多く、
年賀状か寒中見舞いのどちらか1回
暑中見舞いか残暑見舞いのどちらか1回
の2回の挨拶を行うと、礼儀としても十分です。

スポンサーリンク

残暑見舞いを会社関係の人に送るときの例文紹介

残暑見舞いで会社関係の人に送るときは、
手紙の文章中のマナーが気になりますよね?

そんなあなたに、例文を紹介します。

~会社の上司やお世話になった人へ送る場合~~

残暑御見舞い申し上げます

残暑の厳しい今日この頃ですが、お変わりなくお過ごしですか。
この夏も大変お世話庭になりました。
仕事の忙しさも山を越え、ゆっくりと過ごせるようになりました。
まだまだ暑さが厳しくなりそうです。どうかご自愛ください。
平成○○年 晩夏

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~お世話になった取引先の人に送る場合~~~~

残暑御見舞い申し上げます

残暑の厳しき折から、○○様はお健やかにお過ごしでしょうか。
今年は●●プロジェクトでは大変お世話になりました。
○○様のご助力により何事もなく無事に終えることが出来ました。
今後夏の疲れが出やすい時期となります。
○○様もどうぞご自愛のうえお過ごしください。
平成○○年 晩夏

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

~会社の親しい人に送る場合~~~~~~~~~

残暑お見舞い申し上げます

立秋が過ぎましたが、まだまだ暑い日が続いております。
この夏も大変お世話になりました。
今年の夏は久しぶりに家族と故郷に帰り、
ゆっくりと過ごさせていただきました。
暑さはまだまだ続きそうです。どうかご自愛ください。
平成○○年 晩夏

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

文章の構成としては

・残暑御見舞い申し上げます
・現在の相手の健康を伺う挨拶
・近況報告やお礼
・今後の相手の健康を願う挨拶
・平成○○年 晩夏

といったように書きましょう。

また親しい人に送る場合には、
絵葉書や家族の写真のプリントなどの
葉書を使うと見栄えが良くなります。

まとめ

残暑見舞いについては、

・残暑見舞いを送り時期は「立秋~白露」
・涼しい場合には、挨拶状にする
・残暑見舞いと暑中見舞いは両方送ってよい
・送るか送らないかは自分で決めてよい
このことを考えて書いていきましょう。
スポンサーリンク

-季節行事・イベント, 残暑見舞い
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

暑中見舞いは会社内で必要?上司や先輩に送る場合と送らない場合

ハガキでの挨拶文化の中で一番ポピュラーなものは年賀状ですが 会社入社後に最初に訪れるハガキの挨拶文化は 7月上旬~8月上旬に送る暑中見舞いです。 暑中見舞いは会社の人に送るべき?要らない? そこのとこ …

入学式に親が行かないことで考えられる不利とは?

子どもの入学式に行きたいと思っていても、仕事の都合などが理由でどうしても行けないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか? スポンサーリンク 入学式に自分の親がいないというのは、子どもにとって残念なこ …

お盆玉って何?お小遣いを渡すのは必要なの?親戚の子供渡す相場は?

子供のころ親戚からお小遣いをもらった経験はありますか? お年玉を代表として、大人になるとお小遣いをもらう側から渡す側になります。 お盆の帰省の時に親戚の子供たちと会う機会がありますが、 お盆の時にはお …

会社の忘年会で幹事を任されたら気を付けるポイントは?

会社で忘年会の幹事を任せられたら、どういうことに気を付けたらいいか、わからないという人も多くいます。 忘年会の幹事を無事に成功させれば、楽しく1年を終えられるだけでなく、会社の先輩からの評価が上がる可 …

クリスマスの一人アピールは誰も得しない行為 【職場】【SNS】

クリスマスが近づくと街の雰囲気が変わってきます。 ネオンが輝きだし、百貨店や広場ではクリスマスの催し物が開かれるでしょう。 興味のない人にとっても、まったくクリスマスを意識せずに暮らすのは至難の業です …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。