毎日ゲンキ!

生活の気になるアレコレを調査!

旅行・観光・遊び

車中泊の場所なら道の駅やSA/PA!コンビニやコインパーキングは?

投稿日:2018年7月27日 更新日:

運転中に眠くなったら仮眠を取る。
というのは、運転免許を持っている人ならば
知っている常識です。

ですが車中泊では短時間の仮眠ではなく6~8時間の睡眠となります。

仮眠であれば路肩やコンビニの駐車場で行うことが多いようですが、
車中泊の場合には道の駅やサービスエリア、パーキングエリアがおすすめです。

スポンサーリンク
  

車中泊の場所で道の駅やSA/PAをおすすめする理由

道の駅やSA/PAは運転中の休憩施設

道の駅、サービスエリア、パーキングエリアは
運転中の休憩施設として登録・設置されている施設です。

道の駅の公式ホームページやSA・PAを運営している
NEXCOのホームページでも休憩施設と明記しています。

“また、「道の駅」は3つの機能を備えており、24時間無料で利用できる駐車場、トイレなどの「休憩機能」、道路情報、観光情報、緊急医療情報などの「情報提供機能」、文化教養施設、観光レクリエーション施設などの地域振興施設で地域と交流を図る「地域連携機能」があります。”
引用:道の駅公式ホームページ 道の駅の取り組み 道の駅とは?
https://www.michi-no-eki.jp/about
“NEXCO中日本グループでは、「より快適、より便利、より楽しいサービスエリア」を目指し、休憩施設としての役割を充実させるとともに、商業施設としても魅力的な、さらには地域色を活かした個性豊かなサービスエリアづくりを進めています。”
引用:NEXCO中日本 事業案内 サービスエリアの運営
http://www.c-nexco.co.jp/corporate/operation/service_area/

なので車での旅行中に運転していて夜に眠気がきたら
車中泊をするという時に休憩施設として最適です。

さらに最適な理由としては

・営業時間内であれば食事や売店が利用できる。
・24時間利用できる駐車場・トイレがある
・シャワー施設やコインランドリー、温泉は併設されている場所もある。

といった点で、普通の駐車場よりも優れています。

「寝るだけでしょ?どこでもいいじゃん」
と思う人もいるかもしれませんが、それは危険です。

もしも山奥や海岸の目立たない駐車場で車中泊をした場合ですが、
偶然通りがかった他人に見られた時に練炭自殺と勘違いされ、
警察に通報されることがあります。

このときに警察が車をのドアや窓をノックしたり呼びかけをしますが、
熟睡して応答できなかった時には、事件性があると警察が判断して、
窓を割られて車内を確認される可能性があります。

車中泊はどこでもいい、と思っているならば、
それは危険ですので車中泊する場所は、道の駅やSA/PAのような
休憩を目的とした施設で行いましょう。

休憩施設=宿泊施設ではない!

道の駅やSA/PAで車中泊をしましょう、と言いましたが、
一つ勘違いしてはいけないのは、道の駅やSA/PAは休憩施設です。
決して宿泊施設ではありません。

国土交通省のホームページでも以下のように書いてあります。

“質問
「道の駅」駐車場での車中泊は可能ですか?

回答
「道の駅」は休憩施設であるため、駐車場など公共空間で宿泊目的の利用はご遠慮いただいています。

もちろん、「道の駅」は、ドライバーなど皆さんが交通事故防止のため24時間無料で利用できる休憩施設であるので、施設で仮眠していただくことはかまいません。”

引用:国土交通省ホームページ 意見・質問を見る 休憩施設「道の駅」
http://www.mlit.go.jp/road/soudan/soudan_03_04.html

車中泊や宿泊禁止とは書いてはありません。
ですが“宿泊目的の利用はご遠慮いただいています。”となっています。

また一部の道の駅では、禁止を文章で書いてあるところもあります。
(今までの車中泊利用者のマナーが悪くて禁止にしたと考えられます。
逆に観光客誘致のために車中泊受入中と銘打っている道の駅もあります。)

参考:車中泊まとめ 車中泊禁止の道の駅など
https://syachuhaku.fxtec.info/index.php?%E8%BB%8A%E4%B8%AD%E6%B3%8A%E7%A6%81%E6%AD%A2%E3%81%AE%E9%81%93%E3%81%AE%E9%A7%85

なので、あくまで休憩施設としての車中泊の利用を考えましょう。

休憩施設としての車中泊

運転中に眠気を感じたら仮眠をとることは推奨される行為で
運転免許を取るときにも勉強する内容です。

また仮眠は居眠り運転防止のために警察からも指導されています。

車中泊はこの仮眠休憩の延長線上にあるものだと考えましょう。

・目的地が遠方で1日の運転では到着出来ない。
・目的地を決めていないため、宿泊施設が予約できない。
・釣りや登山など早朝から行動するために夜に移動して近くで寝たい。

というようなシーンで途中の道の駅やSA/PAでの車中泊は
運転の休憩として納得できます。

ですが、道の駅を拠点にその地域の観光をして、毎日その道の駅で泊まる。
という旅行は休憩ではなく宿泊として利用していると解釈されるでしょう。
その場合には、注意を受けたり不当な駐車として警察に通報される可能性があります。

また車中泊をしているときは休憩の範囲を超えないようにしなくてはいけません。

マナー違反の例としては、

・駐車場で折り畳み机やガスコンロなどを出して調理やバーベキューをする。
・駐車場の枠からはみ出してテントを張る。
・大量のごみを分別せずに捨てる。
・夜間に駐車場で騒ぐ。
・駐車場を複数台で占有する。

などです。こんなことは論外ですし、
場合によっては軽犯罪になる可能性もあります。

スポンサーリンク

宿泊が正式に許可されていない場所での睡眠になりますので、
マナーを守って利用しましょう。

車中泊自体がグレーゾーン?マナー良く利用しよう

そもそも車中泊自体がグレーゾーンな行為だったりします。
これは車中泊を宿泊と解釈するか、休憩と解釈するか、で分かれます。

さきほど書いた国土交通省の道の駅利用の解答の

“宿泊目的の利用はご遠慮いただいています。”

との文章から考えられるのは
「マナー良く使用するならば特には言いませんよ。
でもマナーが悪いなら、宿泊施設ではない場所での宿泊として指摘しますよ。」

というようなスタンスであるということです。

ただもしこういった指摘を受けたとしても、
「仮眠のつもりが熟睡してしまいました。」
と言ってしまえば本人以外は誰もその証明は出来ません。

そういう意味では車中泊というのは本当にグレーゾーンな行為です。

なので変にトラブルに巻き込まれないようにしたいならば、
「決まりを守って、目立たず、静かに、眠るだけ」
というようなマナーを守った車中泊を行いましょう。

車中泊に24時間営業のコンビニやファミレスはダメな理由

コンビニやファミレスは商業施設

24時間営業のコンビニやファミレスを利用した後に、
そのままの駐車場で寝てしまう、という人が結構います。

公共施設のように勘違いしていますが、そういった場所は
販売や飲食をサービスとした商業施設で、さらに言えば“オーナーの私有地”です。

道の駅やSA/PAとは違い休憩施設ではありません。

私有地に無断で駐車し、車中泊をしたらお店にとっては迷惑です。

場合によっては警察に通報される可能性もあります。

商業施設での車中泊は違法?

商業施設での車中泊は、通報されると違法になる可能性が高いです。

駐車場が私有地なので、道路交通法では取り締まられないと思いますが、
駐車スペースが不当に占有されて業務が妨害されている(偽計業務妨害罪の可能性)
といった通報をされるかもしれない。

また車内を見られないように窓を隠していたら
「不審な車両が止まっており、中で怪しいことをやっているかもしれない」
と警察に通報される可能性もあります。

地域のニーズ(国道沿いや高速道路ICの近く、登山道付近など)と
利用客の少ない時間帯の売上増加を考えて、
オーナーさんが合わせて目をつぶってくれることもあるようですが、
リスクの高い行為であることには変わりません。

もしお店側が不当な駐車として警察に通報した場合には、
警察に起こされてその場で説教、指導されるでしょう。
(私有地でのトラブルなので、いきなり逮捕されることはないと思いますが、
お店側から業務妨害として被害届を出される可能性もあります。)

また24時間営業ではないスーパーなどの場合で、
営業時間外の駐車場に停めて、営業時間が始まる前に発進させる。
というようにすれば営業を直接妨害したことにはならないかもしれませんが、
駐車場利用を許可していない時間帯に“オーナーの私有地”に侵入したとして

無断で私有地に侵入した(建造物等侵入罪の可能性)

というように警察に通報される可能性もあります。

商業施設での車中泊は、基本的にしないようにしましょう。
(看板に許可する文章があったり、店員さんに許可を貰った
という場合には可能になると思います。)

車中泊の場所でコインパーキングはいいの?

コインパーキングは駐車を目的とした施設

コインパーキングは、駐車を目的とした施設なので、
先ほど挙げたコンビニやファミレス、スーパーなどとは違い
夜の時間帯の駐車自体は不当に扱われないと考えられます。

利用時間が明記されている場合には別ですが、
夜間駐車の値段が明記されていることがほとんどです。

ですがコインパーキング“休憩施設ではない”ということ

コインパーキングでの車中泊は違法?

コインパーキングも商業施設と同じで休憩施設ではないです。
ですが、車を24時間駐車しておくのは利用範囲です。

コインパーキングも私有地ですが、
まわりにばれないように車内で寝るならば
特に迷惑を掛けないので、営業妨害や不法侵入にもならないと思います。

ただ考えたいのはコインパーキングは街中にあることが多く、
周辺住民や警察のパトロールの目にさらされることが多いです。

少しでも不審に思われたら警察に通報、職務質問などをされることもがあります。
エンジンをつけっぱなしにして寝ると、騒音などでの苦情が考えられます。

これを考えるとやはりコインパーキングでの車中泊は推奨は出来ません。

またコインパーキングによっては看板に
“車中泊はご遠慮ください”
と明記していることもあります。

この場合には、利用規約に違反ということからオーナーさんから
罰金などを請求される可能性もあります。

何度も言うようにコインパーキングも私有地です。
利用方法の解釈もオーナーさんの考え次第なので、
書いてない場所は大丈夫!というわけでもありませんので
注意をしてください。

最後に

車中泊を快適に楽しむためには
利用場所やマナーを考える必要があります。

ばれないから大丈夫

今まで大丈夫だった

というようなことはあまり信用できませんので、
車中泊の場所について考えてみてください。

スポンサーリンク

-旅行・観光・遊び
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

バーべキュー初心者の幹事必見!おすすめの場所選びや簡単に楽しむために

夏といえば晴れ空の下でバーベキュー! 友達同士で開催しよう、という流れになったけど、 経験無いのに幹事になってしまった・・・ そんな初心者幹事さんへアドバイスをします! スポンサーリンク

車中泊の初心者がするべき準備やおすすめのグッズは?

目的地をあまり決めずに旅行をするときに、 旅館やホテルを予約すると時間や場所に 制限が出てしまいます。 ただただどこか遠くに旅行したい! 気の向くまま風の吹くままに旅行したい! スポンサーリンク そん …

子供を連れた海水浴で心得ておきたい熱中症対策3つ!

夏と言えば海。夏休みの思い出作りに、子供を連れて海水浴へ行く家庭も多いのではないでしょうか? そんな海水浴で気をつけたいのが熱中症です。 「海に入っていれば大丈夫」と思っていませんか?実は海の中でも汗 …

大分市から車で日帰りの紅葉スポットおすすめ4選【2018年秋】

大分での紅葉の見ごろは例年10月下旬から11月中旬くらいです。 今年の夏は異常気象とも呼ぶべき暑さでした。外出を控えた人も多いのでは? 涼しくなる秋が外出に最適な行楽シーズンです。 そんな涼しいシーズ …

車中泊用の窓を隠すサンシェードを自作するときの準備物と作り方

車中泊の時に準備したいのが窓を隠すサンシェード 前面のフロントガラスは市販のものがたくさんありますが、 横や後ろのものとなると、なかなか自分の車の窓に合うものが見つかりません。 そんな時にはサンシェー …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。