毎日ゲンキ!

生活の気になるアレコレを調査!

その他生活

台風災害は事前の対策を!備えておきたい行動や非常用品のリスト

投稿日:

日本には台風が毎年来ています。

そして災害が起こっています。

それでも対策を立てる人は少ないようです。

天気予報で台風情報が事前に分かっているにもかかわらずです。

それは台風が来ても「大きな災害にならならかもしれない」という考えがあるからです。

でもこれは危険な考え方です。

スポンサーリンク
  

台風が災害を引き起こす前に対策を

台風が引き起こす可能性のある災害として
暴風、高波、土砂災害、低地の浸水、河川の氾濫、落雷、龍巻
などがあります。

これはすべて人の命を奪う可能性のある災害です。

崖や山の急な斜面が近い
海が近くて海抜が低い
河川が近い

などは台風が来る前に災害対策を行いましょう。

また周囲に築年数が古い家、ベランダに鉢植えを置いてある家などがあると、風速によって、倒壊の危険や物が飛ばされて人に当たったり窓ガラスを割ったりと危険が多いです。

災害の対策は家族全員で意識を高めて必要な知識、必要な対策、必要なものを準備しておきましょう。

台風が災害が起こる前に家族で備えておきたいこと

台風に備えてやることリスト

<台風が近づく前にしておきたい備え>

・避難所、避難経路、緊急時の連絡方法を確認
・非常用品の準備 ※後で解説します
・台風情報のこまめな収集
・鉢植えなど飛ばされそうなものは室内にしまうか針金などで固定
・断水に備えて風呂に水を張り生活用水の確保
・停電に備え、携帯電話などの必要な機器を充電
・被害がまだなく、明るい内に避難所に移動する

<台風が近づいたらすること>

・最新の台風情報を収集し、外出を控える
・水路や河川、海、急傾斜地に近づかない
・雨戸やシャッター、カーテン、ブラインドを占める
・夜間や危険な避難路では無理して避難しない
・避難が難しい状況で自宅が崖に近い場合は崖から離れた部屋や2階で過ごす。

台風が近づく前にやること解説

台風の備えは、一人で行うのものではありません。

一緒に住んでいる家族、近隣住人の協力を得てみんなで行いましょう。

まずは家族の間で避難所や避難経路、万一の連絡方法などを確認しておくことが重要です。

安全に非難するため、自治体がインターネットや冊子で公表している「ハザードマップ」を参考にしてください。

非常持ち出し品は、家族構成や各自の健康状態を考慮してそろえましょう。持病の薬など代替が効かないものは必ず準備しましょう。

台風情報や災害情報はインターネットやテレビ、ラジオを活用して常に最新情報を持つようにしてください。

また各自治体が出している防災メールサービス「県民安全・安心メール」に登録すれば、指定した地域の非難情報や警戒情報を携帯電話にメールで送られてきます。

ベランダに鉢植えや洗濯物など固定されていないものは家の中に入れておくか針金などにしっかりと固定しましょう。

まだ土砂災害になると断水になる可能性もあります。お風呂に水をためてトイレなどの生活用水の確保しておきましょう。

また落雷や暴風による電線の切断によって停電になる可能性があります。スマホの充電や予備電池の充電は前もってしておきましょう。

また避難所が開設されたら、明るくてまだ被害が出ていないうちに避難所に移動するようにしましょう。
子供や高齢者、障害を持っている人、体調不良の人は、非難に時間がかかりますので、開設後すぐに移動を行うようにしてください。

スポンサーリンク

台風が近づいたらやること解説

台風が近づいて風が強くなったり、雨が降り出したら必ず台風情報は最新のものにしてください。

そして絶対に外出を行わないようにしてください。

農家の人が「ちょっと畑が心配で」と畑を見に行ったり
漁師の人が「ちょっと船が心配で」と海辺に行ったり
主婦の人が「買い忘れた物をちょっとそこまでだから」とスーパーに出かけたり

こういったことで怪我したり亡くなったり、行方不明になったりする事例がたくさんあります。

どんな事情でも、命に係わるような事情でなければ外出はしないでください。

特に水路、河川、海、急な斜面や崖のある場所には絶対に近づかないでください。

そして家にいる場合でも避難所に行く場合でもシャッターや雨戸は必ず閉めて、窓もカーテンやブラインドを閉じてください。

また先ほど早めの避難が大切ですと言いましたが、もしすでに台風が来ているのならば無理しての非難は逆に危険です。
夜間や避難経路に水路、河川、海、急な斜面や崖があるならば、無理に避難をせずに自宅の崖から遠い部屋や2階で過ごすようにしましょう。

台風が来る前に備えたい非常用品リスト

非常用品として家に常備、避難先へ持ち込み品の最低限リストをまず書きますと、

<最低限の非常用品リスト>

・常用薬(消毒液、包帯、絆創膏、虫刺され薬)
・持病薬(1週間分)
・飲料水(2ℓ/1人)
・非常食(三食/1人)
・懐中電灯(スマホは緊急時の用途が多いのでライト使用は控える)
・タオル(身体拭き用二枚、雑用一枚)
・着替え(二日分)
・貴重品
・赤ちゃん用の紙おむつやミルク(1週間分)
・女性用生理用品

これは最低限揃えておきたいものです。

このくらいは台風が近づく前に、家の中で集めれば問題なく揃うと思います。

但し、大災害となった場合には上の非常用品では全然足りません。

<出来れば揃えたい非常用品リスト>

・防水仕様のリュック
・ラジオ
・懐中電灯
・ランタン系ライト
・飲料水4ℓ
・保存食6食(物によって割りばし、スプーンなど)
・就寝用エアーマット
・非常時用簡易トイレ
・ウォーターバッグ(水の配給が始まったときに水を入れる袋)
・身体拭きシート
・歯みがきティッシュ
・水のいらないシャンプー
・救急手当・救急セット
・簡易洗濯パック
・アイマスク、耳栓
・ホイッスル
・軍手
・レインコート
・寝袋
・マスク
・乾電池(スマホ充電、懐中電灯、ライト、ラジオ用)

これくらいは用意しておきたいところです。
これだけあっても不便なことには変わりませんが、災害後の支給品が届くまでは何とかなりますので、物についての不安は無くなります。

非常用品を揃える際には、下のリンク先のような非常用持ち出しパックなどを参考にしてみると良いです。
防災セットラピタ プレミアム 1人用 避難セット

最後に

災害が起こってから準備不足を後悔しても遅いです。

特に台風は、来る日時がある程度予想がつく災害です。

油断せずに一つ一つ確認して、準備を整えましょう。

スポンサーリンク

-その他生活
-, , ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

休日でもだらだらしたくない!休日を充実させる方法!

平日は朝早くに起きて、夜まで仕事。夕飯買って、帰ってシャワーを浴びてネットサーフィンをしたらもう寝る時間。 休日は遅くに起きてぼーっとしていたら気づいたら夜。 こんな生活をしていませんか? スポンサー …

寒い冬はエアコンを付けっぱなしにするのがお得?メリットや注意点

寒い冬はエアコンを使って快適に過ごしたいものの、電気代も気になる、という人もいるかもしれません。 エアコンを付けっぱなしにすると、電気代は本当に安くなるのでしょうか? スポンサーリンク 不在時に付けっ …

秋の交通安全運動を行うのはなぜ?運転ルールや夕暮れ時の注意点

毎年秋口に、交通標語の募集が行われています。 これは交通安全、事故防止運動を行うためです。 スポンサーリンク でも毎年毎年、なぜ秋口にに交通安全運動を行うのでしょう。 またどんなことを心がければよいの …

交通事故から子供を守る。交通安全と自転車のルールを指導しよう。

交通事故は誰も幸せにしません。 事故の後に残るのは、痛みと悲しみです。 社会全体で事故が起きないように注意しなければいけません。 スポンサーリンク 特に子供は、道路が危険なこと、自衛するための行動を大 …

寝るときに暖房付けっぱなしはOK?メリットやリスクを解説!

寒い夜などは、つい暖房を付けっぱなしにして寝てしまう人もいるでしょう。 暖房が付いていれば、夜中にトイレに起きたときにも暖かいですよね。 スポンサーリンク でもそれで健康を害してしまわないか?なんて心 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。