毎日ゲンキ!

生活の気になるアレコレを調査!

その他生活 季節行事・イベント

秋の交通安全運動を行うのはなぜ?運転ルールや夕暮れ時の注意点

投稿日:

毎年秋口に、交通標語の募集が行われています。

これは交通安全、事故防止運動を行うためです。

でも毎年毎年、なぜ秋口にに交通安全運動を行うのでしょう。

またどんなことを心がければよいのでしょう。

スポンサーリンク
  

秋に交通安全運動を行うのは運転に気を緩めやすいから

日本では秋になると「交通安全運動」や「安全運転週間」などの取り組みを行います。

自治体、警察、会社として取り組んでいくので、いつも以上に気を引き締めて運転をしていきたいですね。

なぜ秋口に行うかというと

秋口は気が緩みやすい時期だからです。

気温の変化によりいつも以上にストレスが溜まったりや体調を崩しやすい時期です。

また日没時間が目に見えて早くなり朝夕と薄暮な時間帯の運転が増えます。

このような要因があるため交通安全運動が行われます。

稀に警察の交通取り締まりをノルマがあるからやっている、と勘違いをする人もいます。

警察委は取り締まりのノルマはありません。

目標があるとするならば交通事故の件数、交通事故の死者や負傷者を減らす目標です。

交通安全運動はドライバーに嫌がらせをしているわけではありませんので、日頃の運転態度や行動などを見直すチャンスと考えましょう。

警察では、どこで、どの時期に、どの時間帯で事故が起こりやすいかデータを持っているはずです。

警察の取り締まりが多い場所では、警察に取り締まられないようにではなく、事故に合わないように運転に注意してください。

スポンサーリンク

秋の交通安全運動の時に、再確認したい運転の注意点

あなたは普段から交通ルールを守って運転をしていると思います。

なのでわざわざ注意するという交通ルールはないと思いますが、気が緩みやすく普段から適当になってしまっているルール遵守を今一度再確認してみましょう。

運転に気が緩むとしてしまいがちなルール違反は

・運転中のスマホ、携帯電話の操作
・無灯火運転
・一旦停止無視
・スピード違反
・シートベルト未着用
・免許証不携帯

です。

これらは特に交通安全運動期間では取り締まられやすいルールで違反です。

特に運転中のスマホや携帯電話の操作は、事故の原因として高くなっていっているので、近年取り締まりが強化されています。

運転をするときには運転だけに集中して、安全・ルールに気を付けましょう。

交通安全に気を付けたいのは秋の夕暮れどき

夕暮れ時には特に注意して運転をしましょう。

日照時間が短くなり、通勤、退勤の運転する時間では薄暮な時間帯です。

特に歩行者、自転車、他運転者も同じように気を緩めていますので、思わぬ飛び出しがあったり、夜間に見えづらい服を着ていたりします。

交差点、曲がり角、一旦停止位置、歩道が狭い道、住宅街での運転には十分注意をするようにしてください。

まとめ

秋口は、交通事故が発生しやすい時期であり、気を引き締めるための交通安全運動です。

自分の運転を過信しないで、今一度運転の仕方について確認をしていきましょう。

スポンサーリンク

-その他生活, 季節行事・イベント
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

残暑見舞いの時期はいつから?暑中見舞いと両方送る?会社用の例文は?

仕事で忙しかった夏も終わったので、 会社でお世話になった人へ「残暑見舞い」を送ろう! スポンサーリンク でも今の時期は残暑見舞いで合ってるのかな? いきなり残暑見舞いを送ってもいいのかな? どんな文章 …

暑中見舞いは会社内で必要?上司や先輩に送る場合と送らない場合

ハガキでの挨拶文化の中で一番ポピュラーなものは年賀状ですが 会社入社後に最初に訪れるハガキの挨拶文化は 7月上旬~8月上旬に送る暑中見舞いです。 暑中見舞いは会社の人に送るべき?要らない? そこのとこ …

七五三の母親の服装は和装?ワンピースやスーツは?カジュアルな普段着は?

七五三は子供が主役。 子供用の振袖やスーツなど可愛い、カッコいい服装に着飾ります。 そして隣に立つお母さんはやはり服装に気を遣いますよね? スポンサーリンク 親はどんな服装にすればいいのかな? 和装? …

お盆の手土産におすすめなものは?食べ物以外のものや通販のイチオシ

お盆の帰省には、手土産を持参するのがマナーです。 でも手土産といっても何を買って持っていけば・・・ と悩んでしまいますよね? なので手土産におすすめするものを紹介していきます。 スポンサーリンク

子供を連れた海水浴で心得ておきたい熱中症対策3つ!

夏と言えば海。夏休みの思い出作りに、子供を連れて海水浴へ行く家庭も多いのではないでしょうか? そんな海水浴で気をつけたいのが熱中症です。 「海に入っていれば大丈夫」と思っていませんか?実は海の中でも汗 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。