毎日ゲンキ!

生活の気になるアレコレを調査!

ニュース・コラム 仕事・お金

「とりあえず3年は働け」という会社はすぐ逃げろ!下積み時代という古い考え方は終わった!新しい時代の働き方とは?

投稿日:

「とりあえず3年は我慢して働いたほうがいい」

新卒一括採用で新入社員として会社に入社すると、まず言われるのがこのセリフです。

石の上にも三年という言葉にもある通り、初めは辛くても我慢して三年続ければ仕事を覚え、楽しくなるというものです。

確かにこれはその通りで、一つのことをコツコツ続ければそれは力となります。

そしてそれを日本人は美徳と信じている人が非常に多いです。

ですがこのような言葉を言う会社は時代遅れです。

今の時代にそぐわない経営方針でみんなが不幸になっていく会社です。

あなたが入社した会社で「とりあえず3年」という言葉を聞いたのならば、今すぐ会社から逃げ出すべきです。

下積みが必要な時代はすでに終わりを告げ、既存の技術をすぐに共有し、新しい物を作り出す時代になっています。

スポンサーリンク
  

「とりあえず3年」と言ってくる会社から今すぐ逃げろ

「とりあえず3年」の意味は「とりあえず3年会社にいて仕事を続ければ、仕事を覚えて主体的に仕事が出来るので楽しくなり、人間関係も構築されていくので居心地がよくなる」という意味です。

ですが考えてください。

その3年のうちに「仕事を覚えるための仕事」をどのくらいやっていますか?

新入社員として会社に入社した時に、誰にでも出来る雑用をやっていませんか?

朝早く出社して、先輩・上司の机を拭いたり床の掃除をしたり、先輩の書類を整理したり、お茶を作って出したり

それをやることによってなんの仕事を覚えるでしょうか?そして会社に何円の利益を生んでいるでしょうか?

本来、何も仕事を知らない新人には、いち早く仕事を覚えてもらうことが会社の利益につながるのです。

それなのに目上の人への礼儀や従来の慣習などで利益にならないことを強制させています。

そんな態度をとっている会社をあなたは、生産的な仕事をしていてこの時代に生き残れる会社であると思いますか?

また礼儀や慣習を守ることで、人間関係が構築されるのは一理ありますが、そもそも社内の人間関係に気を遣わなくてはいけない会社は居心地が良いでしょうか?

会社とは、部活動やサークルと違って共同で利益を出すための組織です。

それなのに新人に、余計な気を遣わせ、仕事効率を落とすことを容認されている会社はそもそもが悪い会社です。

悪い会社での人間関係の構築をしてもあなたにとって何のプラスになるでしょうか?

お互いの情報を共有し、助け合い、高めあえる人間関係こそが本来必要な会社での人間関係です。

ここまでで「とりあえず3年」という会社はすぐに辞めるべきと分かったでしょうか?

まだ分からないかもしれませんし、辞めるとなると当然、お金がもらえなくなるから生活できなくなる、という話になります。

なので、ここまで話してきたことをさらに解説していきたいと思います。

「下積み時代」という考えは終わる

「とりあえず3年」とはすなわち「下積み時代」です。

ですがこの「下積み時代」という考え自体がすでに時代にそぐわないのです。

仕事を覚える期間が必要ない、ということを言っているわけではありません。

新人は仕事を知らないのだから仕事を覚える期間というのは必要でしょう。

しかし現代はパソコンとインターネットの普及により「オープンソース」になっているので、昔ながらの下積みというのは必要ない時代になっています。

昔は先輩・上司から仕事を教えてもらいました。

当然そこには、先輩・上司の雑用をして人間として認められ、気に入られることで仕事のやり方、ノウハウを教えてもらう、というプロセスがありました。

ですが今は、仕事のフローやノウハウを学ぶのはパソコンや社内ネットワーク上にある資料を閲覧し実践するだけで覚えられます。

もし社内ネットワーク上に資料がなければ、インターネット上で検索し記載されているノウハウを実践すればよいのです。

言ってしまえば、先輩や上司に気に入られなくても仕事が出来るようになるのです。

こう考えると新人を認め、気に入るまで仕事を教えずにいるのは非生産的であり、利益を出すための組織の在り方として間違っています。

さて先ほど、「新入社員として会社に入社した時に、誰にでも出来る雑用をやっていませんか?」と言いました。

雑用というのは誰でも出来る仕事です。

さてその誰でも出来る仕事を、新入社員にやらせるのは会社という組織として生産的でしょうか?

正社員として雇った新入社員、雇ったアルバイト、どちらにこの仕事をさせるのが単価が安いでしょうか?

当然アルバイトにこの仕事をお願いしたほうが安い単価でできます。

そして、アルバイトを雇うことで新入社員に出来た時間を、ひたすら仕事を覚えさせる時間にすればよいのです。

誰にでも出来る雑用を半年させるのと、半年早く仕事が出来るようになる、二つで考えると半年早く仕事ができるようになった方が会社として利益が出せます。

これはとても簡単な計算です。私は決して経営論を勉強していたわけではありません。

ですがこんな簡単な計算をせずに、昔からの礼儀や慣習という考えを変えないままの会社が多いのです。

この考えを変えないというのが顕著に出ているのは職人の世界です。

寿司職人の世界では、皿洗いや店の掃除などを最初の2~3年行い、魚のさばき方や卵焼きを焼くまでに5年、寿司を握るまでに10年という月日がかかるそうです。

ですがこれはすでに昔の考え方、昔のやり方なのです。

なぜなら寿司の握り方は専門学校で学べます。

それでは、技術の無い職人が出回って、おいしい寿司を握れる人がいなくなるのではないか?と思う人もいますが、そんなことはありません!

実業家・堀江貴文氏の著書「多動力」にはこのように書いてあります。

 現に、大阪の「鮨 千陽」の土田秀信店長は迂遠な修行は積んでいない。専門学校で3カ月寿司づくりを学んだだけだ。
 その「鮨 千陽」が『ミシュランガイド京都・大阪2016』で「ビブグルマン」部門に選ばれた。開店からたった11カ月目の出来事であった。

引用元:「他動力」 堀江貴文著 幻冬舎出版

ミシュランガイドに選ばれたということは、世間的に実力が認められた証拠と言ってよいでしょう。それどころか、寿司職人の世界では上位に位置しているとも考えられます。

彼は、皿洗いや店の掃除といった誰でも出来る雑用をせず、技術やノウハウを公開している場所でいち早く仕事を覚え、世間に認められる仕事をしているということです。

例えばこの土田秀信店長が、技術を独占している他の寿司職人に気に入られず、認められずにいたとして、何か問題があるでしょうか?

最初の方で言ったオープンソースの時代とはこのようなことです。

技術やノウハウを門外不出にして、俺に気に入られなければ教えない!というのはすでに時代錯誤で利益にもならない“悪”の考え方です。

スポンサーリンク

その職人がもし、世界で唯一無二の職人だとしたらこれもまかり通るでしょう。

ですが唯一無二の技術でも、それにとって変わる安価な技術が開発された途端、その職人の技術はただの頑固じじいの手先器用で終わってしまいます。

これは職人だけではなく、会社で事務仕事を行う時でさえ言えることです。

例えば会社の先輩がEXCELで関数やマクロを使い効率的に作成できるようにした書類のフォーマットを作成したとしましょう。

それを社内で共有すれば、会社として効率よく仕事が出来るのに、「俺は気に入った人にだけこのデータをあげる」と言って雑用をさせることが良いことでしょうか?

これは先ほどの寿司職人の話と同等なことです。

会社としてはこのデータを早々に共有してしまった方が利益となります。

このように現代において下積み時代というのは古い考え方です。そんなことを美徳としている会社ならば、すぐに逃げ出すべきでしょう。

「車輪の再発明」は非効率なだけ

「とりあえず3年」という考えを持っている会社は技術や知識、ノウハウを一から身に着けることを美徳とします。

ここで問題なのは無意識に「車輪の再発明」を行っていることが多いことです。

「車輪の再発明」というは、さきほどと同じ書籍、実業家・堀江貴文氏の著書「多動力」から引用すると

「車輪の再発明」という、プログラマーの世界でよく使われるキーワードがある。
 要は、すでに車輪という便利なツールが存在するのに、一から自力で車輪を開発するほど時間と労力の無駄はないということ表した言葉だ。
「すきやばし次郎」のような寿司屋にわざわざ弟子入りし、長大な時間を修業に費やす者は、「車輪の再発明」をしているとしか言いようがない。

引用元:「他動力」 堀江貴文著 幻冬舎出版

新入社員の「下積み時代」にこの「車輪の再発明」が起こります。

新人教育の一環として、すでに今あるデータと同じものを作らせたり、先輩のフォーマットがあるのに一から新人に自由にフォーマットを作らせたり、というようなことが多々あります。

これは知識を付けるための勉強の一環だ、といえば聞こえはいいですが、既に良いものがあるのならば新しく作ったフォーマットは無駄であり、それに費やした時間は無駄な時間で、初めから「既にあるデータ」を共有して仕事を教えればいいのです。

またこれは新卒から定年までの四十年間ずっと付きまとってくる問題です。法律の改定や社内管理システムの改善などで書類のフォーマットが変わることはよくあることです。その時に
・全員が個人でデータを効率化する。
・一人が代表して効率化したデータを作り共有する。
どちらが良いと思いますか?

「車輪の再発明」は技術や知識、ノウハウを一から身に着けるという考え方をする会社には非常に多く発生している問題です。

「とりあえず3年」というワードを聞いた時には、仕事や指導の状況を注意深く考えてみましょう。

オープンソースの時代の働き方は?

さて、オープンソースの時代では、今ある技術をいち早く共有し、その技術をもって新しい価値を作り出す働き方が基本となります。

先ほど言った「EXCELで関数やマクロを使い効率的に作成できるようにした書類のフォーマット」の話で例えると、そのデータを共有し、データ改善したり、他の書類を効率化するということです。

この例えでは、技術=データ、新しい価値=改善・他の書類の効率化、となります。

あなたの会社がこういったことを既に行っていたり、提案した時に前向きに活動をする会社ならば会社に残るという選択肢は残しても良いと思います。

しかし先ほど言った「下積み時代」や「車輪の再発明」を重視し、あなたの提案を退けるような会社ならば、いち早く逃げましょう。

例え現在ホワイト企業であったとしても、科学の進歩と時代の移り変わりによって扱う情報や技術は飛躍的多くなっていますので、いずれブラック企業となる可能性があります。

逃げ出すならば、個人で生きる道を探すことが重要です。転職して他の会社に所属してもいいのですが、会社にいることが安定と思われる時代がゆっくりと傾き始めています。

一昔前まで産業は積み上げたノウハウや技術、資金力、人材が豊富な“会社”でしか出来ませんでした。なので誰しもが会社に所属し定年まで働いていたのです。

しかし現在は、インターネット上には情報があり、クラウドファンディングでお金を集め、ネットで同士を集めれば“会社”と同じ舞台に立てます。そして通販を使い個人で材料を手に入れて物を開発したり、サービスを開発してインターネット上で販売することが出来るのです。

今は「変化の時代」です。

・仕事の状況を変えたくない
・仕事の内容を変えたくない
・会社を変えたくない
・会社員でいることを変えたくない

このどれかに当てはまてしまったら、時代に取り残されます。

変化にいち早く挑戦し楽しめる人こそが幸せな人生を送れます。

これを考えると「とりあえず3年」は重要な時間の浪費でしかありません。このセリフを言う会社がどれだけ“無駄”を薦めているかが分かると思います。

そんな会社はいち早く逃げるべきです。

最後に

“逃げ”という言い方は負のイメージがありますが、人生のにおいてプラスになる選択ならば“攻め”になります。

そして攻める方法は、興味を持って調べればたくさんあります。

興味を持つか持たないかで人生は大きく変わります。

もし今すぐ会社を辞められなくても、今日、そして今から攻めるための活動や勉強をスタートするべきです。

-ニュース・コラム, 仕事・お金
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

仕事を辞めたいあなたに「月200時間労働の不幸と隙間時間の有効活用」

「仕事を辞めたい」 そう思っているあなたは、充実していない不幸な人生を送っています。 自分の「自由な時間」が少ないと感じていませんか? 現代の日本人が理想とする労働時間は“月200時間”です。 一般的 …

年末の挨拶、取引先にカレンダーを渡すタイミングはいつがいい?

年末の挨拶で、取引先にカレンダーを配る役目を任されて、いつ渡すのがいいのかと悩んでしまう方も多いのではないでしょうか? また、カレンダーを郵送する場合、送付状にはどのようなことを書けばいいのかと困って …

新人は「普通は」「常識的に考えて」「社会人として」という言葉を気にしなくていい!

会社で上司から説教を受けたことはありませんか? よほど優秀であるか世渡り上手で無い限り、新人なら一度は経験したことだと思います。 スポンサーリンク その説教の時に 「普通はこうするだろ!」 「常識的に …

節分の恵方巻き廃棄問題について考えてみよう!

恵方巻きは、毎年節分に恵方を向いて無言で食べると縁起が良いとされ、日本の文化として私たちが大切にしている風習の一つです。 スポンサーリンク しかし、一方でスーパーやコンビニのお惣菜の恵方巻きが大量に廃 …

休職中の生活費は傷病手当金|支給資格と金額、申請方法を解説

仕事以外での事故や怪我、生活習慣病などでの入院、 または労災と認められにくい精神的な病気など 一時的に働けなくなるとその間は会社からの給料が なくなります。 スポンサーリンク そんな時には、健康保険組 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。