毎日ゲンキ!

生活の気になるアレコレを調査!

その他生活

一人暮らしで暖房代を節約する方法は?冷気遮断や器具の使い方!

投稿日:

冬場で案外困る問題といえば暖房費ですよね。

冬場に使用する電気量は夏場よりも多く、場合によっては1.5倍程度になってしまうこともあります。

しかし部屋の中で必要になる場所を効率的に暖めることで、電気料金をグッと抑えることもできるんです。

そこで一人暮らしの方向けの暖房代節約のコツをご紹介します。

スポンサーリンク

暖房代を節約するコツは冷やさず必要なところだけを暖める

暖房代を節約する上で非常に重要な点があり、それは極力外の冷気を部屋に入れないことです。

部屋を冷やす原因の多くは部屋の外から流れ込んでくる冷気なので、この冷気をしっかりとシャットアウトすることが暖房費を節約する上では欠かせません。

ですが一人暮らしの方の部屋では冷気対策がしっかりできていないこともありますので、どうやって冷気を遮断すればいいかを確認していきましょう。

窓からの冷気を遮断しよう!

まず確認したいのはカーテンです。

一年を通して同じカーテンを使用している方もいらっしゃると思いますがカーテンの効果というのは非常に重要で、夏には部屋にこもる熱を逃がす薄手のカーテン、冬には冷気を通さない厚手のカーテンを使用すれば部屋の温度調整がしやすくなります。

また、厚手のカーテンを使っていても丈が足りていないと空いている部分から冷気が入ってきてしまうのでお部屋の窓のサイズに合ったカーテンを購入してください。

そして手軽に断熱効果を期待できるものとして、エアパッキンを窓に貼ると効率的です。

エアパッキンの中の空気が層となって外の冷たい空気を部屋に入れず、そして部屋の中の暖かい空気を外に逃さないので簡単に効果を実感できます。

エアパッキンはホームセンター等で売っているので手軽に入手できるのもありがたいですね。

暖房器具の使い方は合っていますか?

冷気対策を確認したら、次は使用する暖房器具の使い方を見直してみましょう。

暖房としてエアコンを使用している方もいると思いますが、エアコンの設定次第で更に効率的に部屋を暖めることができます。

そしてムダな電力を使わないよう、必要最小限の運転で部屋が暖まるようにすれば暖房費を大幅に抑えられちゃいます。

まずエアコンの運転モードを確認しましょう。

電気代を高くしないために弱運転モードにしている方もいらっしゃいますが、実は弱運転モードでゆっくりと部屋を暖めるより自動運転モードで一気にお部屋を暖めたほうが結果的に使用電力は少なくなりますよ。

理由として、エアコンはお部屋の気温を設定温度にするまでが最も電力を使います。

そして弱運転モードですと暖まるのがゆっくりになってしまうので使用電力が高いまま運転し続けることになってしまうんです。

対して自動運転モードだと一気にお部屋の温度を上げて、設定温度になった後は運転を自動でオフにします。

スポンサーリンク

使用電力が高い時間を極力少なくできるので使用電力は安くなります。

また、エアコンを使用する場合にはフィルターをこまめに掃除するようにしましょう。

フィルターが汚れていると余計な電力がかかるだけでなく、お部屋の空気まで汚れてしまうので目安として1ヶ月に1度は掃除をしましょうね。

一人暮らしで暖房費を節約するのであれば電気ストーブを使用するのも効果的です。

一人暮らしであれば部屋全体を暖める必要が無く、自分の周りだけを暖めることができる電気ストーブは暖房費節約に重宝します。

更に転倒すると電源が切れる機能がついている商品もあり、地震等の災害時にも安心できます。

電気ストーブの利点は更にあり、石油ストーブと比べると換気の必要が無く部屋の中の空気が悪くならないことも挙げられます。

電気代を節約したいのであれば一つは購入しておくのをおすすめします。

床からの冷気を対策しよう!

あとは部屋の床でも暖房対策ができないかを確認しましょう。

冷たい空気は低い位置に流れる特性があるので、冬場で1番冷える場所は床なんです。

対策方法として、ウール素材や羊毛で作られたふわふわのカーペットやラグを敷くと床も暖めやすくなります。

しかし同じ素材でも商品によって保温効果に差があるので、購入を検討している方は家具店やホームセンターの店員さんの案内を参考にして購入してください。

カーペットを敷いているにもかかわらず床が冷えてしまう方は、カーペットの下に保温シートを敷くのもおすすめです。

アルミを使用した保温シートを使えば熱が逃げにくくなり暖まるのも早くなるのでとても重宝します。

保温シートだけでなくジョイントマットなどを敷いても保温効果は高まるので、床から冷えてしまう部屋にお住みの方は一度試してみてください。

電気を使わない暖房器具も効果的

他にも暖房費を抑えたいならば、電気代のかからない保温グッズを導入してもいいでしょう。

ルームシューズは履くだけで床の冷たさから冷えやすい足を守ってくれるので重宝します。

またレッグウォーマーも足の広範囲を覆って暖めてくれます。

冷え性の方だけでなく暖房代を節約したい方にも非常におすすめできる商品です。

電気を使わない暖房器具はまだまだ多くの種類があるので、自分に合った暖房器具を探してみてください。

一人暮らしで暖房代を節約するならいろいろな方法がある

暖房代を節約する上では部屋を冷やさず効率的に暖めるのが大事です。

外から冷気が入ってこない対策やエアコンの運転方法を見直したり電気ストーブを導入する等、普段の生活を見直してみましょう。

また、冷気は床に溜まるので足元を熱から守るカーペットを敷いたり電気代のかからないルームシューズを着用するのも効果的です。

スポンサーリンク

-その他生活
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

衣替えの服収納の注意事項は?シワ、シミを防ぐ方法や便利グッズ!

季節の変わり目には衣替え。 毎年行っているはずなのに毎年後悔していませんか? 後悔した直後は「次こそは!」となりますが、 一年に二回しかやらないので、結局忘れてしまいがち。 なので後悔する前に気を付け …

寝るときに暖房付けっぱなしはOK?メリットやリスクを解説!

寒い夜などは、つい暖房を付けっぱなしにして寝てしまう人もいるでしょう。 暖房が付いていれば、夜中にトイレに起きたときにも暖かいですよね。 スポンサーリンク でもそれで健康を害してしまわないか?なんて心 …

炬燵のコードが邪魔な時の対処法!折れないようにしまうには?

炬燵で意外と知られていないのがコードの扱い方です。 誤った方法で束ねていると火事を招く危険があるので、決して甘く見てはいけません。 スポンサーリンク 炬燵を使う上でコードが邪魔にならないよう、正しいま …

休日でもだらだらしたくない!休日を充実させる方法!

平日は朝早くに起きて、夜まで仕事。夕飯買って、帰ってシャワーを浴びてネットサーフィンをしたらもう寝る時間。 休日は遅くに起きてぼーっとしていたら気づいたら夜。 こんな生活をしていませんか? スポンサー …

台風災害は事前の対策を!備えておきたい行動や非常用品のリスト

日本には台風が毎年来ています。 そして災害が起こっています。 それでも対策を立てる人は少ないようです。 天気予報で台風情報が事前に分かっているにもかかわらずです。 スポンサーリンク それは台風が来ても …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。