毎日ゲンキ!

生活の気になるアレコレを調査!

クリスマス 季節行事・イベント

独身者のクリスマスに一人ぼっちを回避する方法!

投稿日:

独身、独り身、彼女・彼氏なし・・・

年末の足音が聞こえてくると気になるのが、クリスマスの過ごし方。

クリスマスをどう乗り切るかということは、男性・女性ともに年を越すため年賀状同様に取り組まなければならない独身者の課題となっているのが現状です。

正月まで先延ばしできる年賀状と違って、先に考えなければならないクリスマスの過ごし方という問題を考えてみましょう。

スポンサーリンク

クリスマスを一人で過ごすのはいけないことではない

キリスト教徒でもなければ、本来ただの日であるはずのクリスマス。

以前に比べ個人の過ごし方の自由が認められてきた現代の日本であっても、どう過ごすかを人から問われることから完全には免れられません。

そもそも宗教的に特別でもない日に、一人で通常運転で過ごすことは全く問題ないことです。

ただいくら論理的に自分の中では納得できていても、他人から弱みとして評価されるのを受け入れたくないという気持ちがめばえるのは当然でしょう。

だいたいどうして同性で集まってクリスマスを過ごすのは、なんとなく「かわいそう…」みたいな雰囲気が漂ってしまうのでしょうか。

そのことが独身のクリスマスの過ごし方を狭めていると言っても過言ではないでしょう。

それでは、他人にも自分にも納得のいくクリスマスの過ごし方とはどんなものでしょうか?

婚活パーティに参加する

一番おすすめなのが、独身者しかいない集まりに参加することです。

これには二つのメリットがあります。

一つ目は「クリスマスどうしてた?」と聞いてくる人に対して「オレはやるべきことをやった」と胸を張れる点です。

クリスマス関連の質問の返答をする際に一番避けたいのが、独り身の自分を認められていないことを周囲に気取られることです。

それに対してこの回答の良い点は、自分は独り身ではあるがそれを認めて改善しようと努力したと、前向きな姿勢を示せることです。

スポンサーリンク

自分の足りなさ(と周囲が思っていること)を自覚できている己の器の大きさと、それに対して努力したことが注目されるという話の流れになります。

結果はどうあれ、周囲からかわいそうな目で見られることは避けられるでしょう。

二つ目のメリットは独身者だけでクリスマスを過ごすことができる点です。

何も悪いことをしているわけではないのになんとなく居心地の悪い思いをさせられるクリスマスというイベントに対して、独身者という立場から一緒に毒を吐くこともできますし、いたわり合うこともできます。

いずれにせよ共通の話題があるわけです。

クリスマスの婚活パーティは独身者のシェルターと言えるかもしれません。

しかもうまいこと行けば次につながるご縁をゲットできるかもしれません。

できなくても、同じような立場の人がたくさんいると目の当たりにできることで、あなた自身も強く勇気づけられるでしょう。

実家の両親に親孝行する

これは家庭環境によりますが実家暮らしでないのなら、手土産でも持って帰省して親孝行するのはいかがでしょうか?

「クリスマスなのに一緒に過ごす彼女もいないのか」などと言われるかもしれませんが、だから親孝行に来たという話の流れにすれば両親からも周囲からも一気にあなたの株が上がります。

結婚して安心させてやれないからせめて美味しいものでも持って親孝行をしたという話にすれば、あなたはかわいそうな独身者から親孝行な息子にランクアップです。

なんだかんだ言って、親は久しぶりに帰った息子をあたたかくもてなしてくれるでしょう。

こうして快適な状況を手に入れ、おまけにクリスマスに一人で過ごすことも回避できるのです。

自分の求める着地点から考えてみよう

いかがでしたでしょうか。

クリスマスネタは先に話の落としどころを決めてどう行動するのがいいかを決めると、納得のいく結果をもたらすでしょう。

重ねて言いますがクリスマスに一人であるのは悪ではありません。

どう過ごすかに心を煩わされるのはバカバカしいことなのかもしれませんが、自分の心の安定のためにできる対策はしっかりとっておけるといいですね。

スポンサーリンク

-クリスマス, 季節行事・イベント
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

卒園式後の謝恩会を成功させたい!子供が参加出来る出し物ってある?

卒園式を迎える子供をもつ親にとって悩んでしまうのが、卒園式後の謝恩会です。 卒園式自体は、保育園や幼稚園の先生が流れを考えてくれて、練習もたくさんしてくれるのでスムーズに執り行われるでしょう。 スポン …

会社の忘年会で幹事を任されたら気を付けるポイントは?

会社で忘年会の幹事を任せられたら、どういうことに気を付けたらいいか、わからないという人も多くいます。 忘年会の幹事を無事に成功させれば、楽しく1年を終えられるだけでなく、会社の先輩からの評価が上がる可 …

ゴールデンウィークは子供の事故が多い!ここに注意しよう

GW間際になってやっと休みが取れたお父さん。子供と思いっきり楽しい連休を過ごせるとワクワクしますよね。 子供も、普段長い時間過ごせないお父さんと楽しめるとワクワクしているはずです。 スポンサーリンク …

敬老の日は何歳から?年齢は?両親にもお祝いって必要?

敬老の日はおじいちゃん、おばあちゃんにお祝いを! とよく言われますが、「おじいちゃん」「おばあちゃん」 っていったい誰のことを言っているのでしょう。 スポンサーリンク 夫、妻の両親にプレゼントを贈った …

お盆に帰省する実家に手土産は必要?お供え物は別に用意する?

お盆は実家に帰省します! という人はとても多いです。 毎年、帰省ラッシュのニュースが流れているのを見れば一目瞭然ですね。 そんなお盆の実家に帰省するときに手土産を用意していますか? スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。