毎日ゲンキ!

生活の気になるアレコレを調査!

健康・美容・運動

感染予防のポイントを理解して、ノロウイルスから身を守ろう!

投稿日:

冬場になると、ノロウイルスによる食中毒や集団感染のニュース等を、よく見聞きすることがあるかもしれません。

ノロウイルスに感染するとウイルス性胃腸炎になり、嘔吐をはじめ下痢や発熱など、様々な苦しい症状に見舞われます。

しかも治療法が確立されていないため、予防こそが重要になります。

そこで、ノロウイルスの感染予防に役立つポイントを、ここでは紹介しましょう。

スポンサーリンク

まずはノロウイルスの特徴から知ろう!

ノロウイルスは、感染性胃腸炎の原因となるウイルスの1つです。

年間を通じて発病しますが、日本では主に11月から3月までの冬季に目立ちます。

感染力がとても強く、わずか10から100個ほどのウイルスが体内へ侵入しただけで感染し、さらに発病へと至ります。

体内に感染したウイルスは、十二指腸や小腸あたりで増殖を始め、やがて炎症を起こします。

これが感染性胃腸炎です。

感染した人は、感染後24時間から48時間で症状を訴えはじめます。

主な症状としては、突然の吐き気や嘔吐をはじめ、発熱や腹痛さらには下痢など、消化器系を中心に異常を生じます。

ただし発病しても、ほとんどの場合には2日程度で症状が治まります。

その一方で、体力や免疫力の低い子どもや老人においては、症状が長期化することもあります。

さらには吐き出した物が喉に詰まったり、誤嚥性肺炎を引き起こしたことで、死亡へと至ったケースも見られます。

ノロウイルスの感染経路をチェックして予防対策を!

ノロウイルスの感染予防をするには、その感染経路を理解することが得策です。

そして主な感染経路には飲食物からの感染と、それ以外からの感染があることを知っておきましょう。

まず飲食物からの感染については、ウイルスを含有した食材や、汚染された水などを飲食することで感染します。

この場合の典型的な食材としては、カキをはじめアサリやシジミといった二枚貝を挙げることができます。

河口付近の海洋に生息するこれらの貝は、ウイルスがいる糞便の混じった下水までも取り込んでおり、人間がそれを生食することで感染します。

特にカキの生食によって、ノロウイルスに感染するケースがよく知られます。

したがって、ノロウイルスが流行するシーズンには生食を避け、特に貝類を食べる際にはしっかりと火を通すことが感染予防につながります。

スポンサーリンク

この他に飲食物から感染する経路としては、感染者が十分に手を洗わずに調理したり、食器類に手を触れるなどして、そこから他者が食品を食べて感染するケースが考えられます。

このケースでは不特定多数が利用する飲食店をはじめ、学校や擁護施設等で集団感染につながりやすく、被害も大きくなることが知られています。

そこで感染を防ぐには、丹念な手洗いやうがいはもちろん、食品用の使い捨て手袋やマスクを着用し、頻繁に取り替えることが必要です。

特にノロウイルスは飛沫や粉塵から空気感染もするため、マスクの着用は必須です。

さらに調理後の用具や食器類についても、調理中と同じく細心の注意を払い、十分な洗浄が必要になります。

この点、ノロウイルスはエタノールや逆性石鹸への抵抗力が強いため、消毒液や石鹸の効果を過信しないことも大切です。

まずは手洗いやうがいを徹底することが、先決であることを知りましょう。

また、ノロウイルスに感染しても、必ずしも症状が出るとは限りません。

つまり感染したことを知らずに、調理しているケースもあります。

したがって日頃から食品を扱う環境では、小まめな健康チェックも必要になります。

続いて、飲食物以外からの感染について見てみましょう。

ノロウイルスは感染者の糞便や吐瀉物から感染します。

このため、トイレの便座や洗面所の蛇口の取手などに触れることが、結果的に感染につながってしまうのです。

特に、不特定多数が利用する公衆トイレや洗面所では注意が必要です。

もちろんこれは家庭でも同じことが言えます。

トイレや洗面所の他にも、ドアノブや家具あるいは寝具や衣類にもウイルスは付着します。

しかも付着したウイルスは、数週間も生存できると言われています。

このようなケースから感染を防ぐには、日頃から室内の隅々をしっかりと清掃し、定期的に弱酸性の洗浄液などで洗浄しておくことが大切です。

また不特定多数の人々が利用する施設へ行ったら、何度でも念入りに手洗いやうがいをすることも忘れてはなりません。

日頃から手洗いやうがいを徹底し、ノロウイルスの感染を予防しよう!

ここまで見てきたように、ノロウイルスは感染力が強く、感染後の症状も決して軽くはありません。

自分や家族が苦しむ前に、徹底した予防策を取ることが重要になります。

そのためには日頃から手洗いやうがいを心がけることが、感染リスクを抑えることに役立つでしょう。

さらに感染経路をしっかりとチェックして、心当たりのある部分は早めに対応しておくことが肝心です。

スポンサーリンク

-健康・美容・運動
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ダイエット方法を見極めろ!「摂取・消費カロリー計算」と「継続」

どんなダイエットでも共通の常識があります。 「テレビでやってたダイエットが全然効果ない!」 「友達は痩せてるのになんで私は痩せないの?」 スポンサーリンク そんな人はダイエットの常識を理解していません …

レコーディングダイエットで痩せよう!スマホ1つで簡単に!

レコーディングダイエットってなに? レコーディングダイエットとは、「食べた物を記録するだけ」のダイエット方法です。 スポンサーリンク

2時間掛かるけど「ダイエットを諦めない」という鉄の意志を作る方法

ダイエットに必要なのは「鉄の意志」 ダイエットに成功する人と失敗する人の違いを知っていますか? それは「継続出来る」か「継続出来ないか」です。 スポンサーリンク

ダイエット失敗を経験した人が再び始める前に行うこと

あなたは「今より5kg痩せたい!」とか そういう目標でダイエットを行おうと思っていませんか? スポンサーリンク

子供に教えておきたい咳エチケット|ウイルスの感染を防ごう!

冬になると風邪やインフルエンザなどの人から人へ感染する病気が増えます。 もしかかってしまった場合には、病気を治し他の人に感染させないように学校や仕事を休みますので、感染が広がることは少ないです。 でも …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。