毎日ゲンキ!

生活の気になるアレコレを調査!

季節行事・イベント 節分

節分の恵方巻きは日持ちする?冷蔵庫や冷凍庫で保存はできる?

投稿日:

節分に恵方巻きを食べる人は多いでしょう。

ただ、その日のうちに恵方巻きを食べきれなかったりすると、保存方法に困ることがあります。

恵方巻きは保存方法に注意しないと、食感や味が変わってしまうこともあるので注意しなければなりません。

恵方巻きの保存期間や正しい保存方法、保存場所について紹介します。

スポンサーリンク

恵方巻きの保存期間

節分当日の時間を節約するために、恵方巻きを前日までに作り置きしておく人もいるでしょう。

また、節分に食べきれなかった恵方巻きを翌日に食べようとすることがあるかもしれません。

でも恵方巻きは日持ちしない食べ物です。

なので作ったその日のうちに食べてしまうのがベストです。

時間がたつと味や食感が落ちてしまうことは覚悟しなければなりません。

特に切った生野菜、生の海鮮、火を通した卵といった定番の具材は、腐るのがとても早いです。

新鮮な具材を使用して作った恵方巻きでも保存しても1日くらいしかもたない為、恵方巻きを作った翌日までには食べるようにしましょう。

当日に恵方巻きを作る時間がないのであれば、前日の夜に下準備を行うと良いでしょう。

時間のかかる厚焼き卵や煮た椎茸などの具材をあらかじめ準備しておけば、当日は具材を巻くだけでいいので手間がかかりません。

恵方巻きの保存方法

保存方法としては、恵方巻きを1本ごとにラップで包んで保存するようにしましょう。

恵方巻きは生の具材が多く、時間が経ち乾燥してしまうと食感や味が損なわれてしまいます。

大皿に並べてラップを掛けても水分の多いキュウリや刺身などの食材は乾燥が目立ってしまいます。

なので手間はかかりますが1本ごとに包みましょう。

また恵方巻きの保存場所ですが、2~3時間程度であれば常温保存も可能です。

例えばスーパーのお惣菜でも恵方巻きは冷蔵コーナーではなく、棚に陳列されていますよね。

これは恵方巻きは酢飯で作られているため腐るのを防いでくれることがあります。

そのため、恵方巻きが完成してから数時間で食べるならば常温で保存するのがおすすめです。

一つ注意したいことは常温といっても暖房の効きすぎている場所での保存はやめましょう。

保存をする場所としては日の当たらない場所で、暖房を入れていない涼しい部屋がベストです。

スポンサーリンク

また恵方巻きを前日の夜や当日の朝に作り置きをしておく場合には、冷蔵庫での保存にしてください。

冷蔵庫で保存する場合は、恵方巻きを1本ごとにラップで包んた後にさらに新聞紙で包んで保存するようにしましょう。

これは冷蔵庫に食材を入れてしまうと具材の乾燥が通常よりも早くなってしまうからです。

また新聞紙が無い場合には、キッチンペーパーやタオルでも代用可能です。

他にも恵方巻きをラップで包んだ後に大きめのジップロックやタッパなどの入れてから冷蔵庫で保存しても良いです。

但しその際には、ジップロックであれば中の空気を出来るだけ抜くこと、タッパであれば空きスペースが出ないようにピッタリサイズを探すことが重要です。

こうすることによって水分の蒸発を防ぐことができ、乾燥しにくくになります。

さらに乾燥を防ぎたいときには冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

野菜室は温度と湿度が高く設定されているため、恵方巻きの乾燥を防ぐ場所として最適です。

最後に冷凍庫での保存ですが、恵方巻きの冷凍庫での保存は適していません。

野菜は凍らせてしまうと食感と味が変わってしまう上に、海鮮は解凍する際に汁がしみ出て全体の味が変わってしまうため、美味しく食べることができなくなってしまいます。

酢飯も解凍する際に食感や味が変わってしまうので、まるで違った食べ物になってしまいます。

どうしても冷凍庫に保存しなくてはいけない事情がある場合には、具材を選びなおしましょう。

例えばかんぴょうや煮た椎茸、焼き鮭フレーク、魚肉ソーセージなど生の食品を使わない恵方巻きであれば、冷凍してもあまり味は変わりません。

また酢飯を使わずに普通のご飯やおこわ、赤飯などを使えばよいでしょう。

また解凍する際には電子レンジを使ってもOK!

具材もお米もレンジを使っても良いものなので味も大きく損なわれません。

こういった恵方巻きにすれば冷凍庫での保存も可能にはなります。

恵方巻きは日持ちしない!

恵方巻きは日持ちしない食べ物なので、作ったらすぐに食べるようにしましょう。

どうしても翌日に食べたいのであれば、ラップで包んで冷蔵庫で保存しておきましょう。

冷蔵庫は野菜室に保存するのがベストです。

基本的には冷凍庫で恵方巻きを保存することがないように注意しましょう。

スポンサーリンク

-季節行事・イベント, 節分
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

会社の忘年会で幹事を任されたら気を付けるポイントは?

会社で忘年会の幹事を任せられたら、どういうことに気を付けたらいいか、わからないという人も多くいます。 忘年会の幹事を無事に成功させれば、楽しく1年を終えられるだけでなく、会社の先輩からの評価が上がる可 …

義理でバレンタインにもらった!ホワイトデーのお返しの金額とは?

バレンタインの時に、義理でもらうこともあるでしょう。 ホワイトデーでお返しをしようと思っても、「何がいいのか・お返しの相場はどのぐらいか」で、悩んでしまうこともあるでしょう。 スポンサーリンク 一般的 …

男性にオススメの一人で過ごすクリスマスの楽しみ方を紹介!

街をイルミネーションが彩り、様々な場所でクリスマスソングを耳にするこの季節、気になるのはクリスマスの過ごし方ですよね? クリスマスだからって恋人や友人と過ごさなければならない決まりはありません! スポ …

会社の忘年会や新年会!余興は何をすればいい?練習期間が短いくて済むものは?

社会人として会社勤めをしていると、忘年会や新年会といったものに出席することも多いでしょう。 そのような時に、余興を任されるということもあるでしょうが、何をしたらいいのかわからないと悩んでいる人もいます …

お盆の手土産におすすめなものは?食べ物以外のものや通販のイチオシ

お盆の帰省には、手土産を持参するのがマナーです。 でも手土産といっても何を買って持っていけば・・・ と悩んでしまいますよね? なので手土産におすすめするものを紹介していきます。 スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。