毎日ゲンキ!

生活の気になるアレコレを調査!

季節行事・イベント 節分

保育園の節分の豆まきで使うのは落花生?それとも大豆?

投稿日:

日本は古くから2月3日の節分に豆まきをする風習があります。

豆まきとは「鬼は外、福は内」という元気な掛け声とともに鬼に豆をぶつけるもので、保育園でも大変盛り上がるレクリエーションの一つですね。

その豆まきに使う豆ですが、落花生と大豆の2つを聞いたことがありませんか?

保育園で子供たちと節分の豆まきを行うにはどちらを選んだ方がよいのでしょう。

また節分使う豆には決まりなどはあるのでしょうか。

スポンサーリンク

節分に使う豆には由来があった

節分の歴史は古くその起源は中国からと言われています。

節分は「季節を分ける」という意味があり、立春の前日つまり2月3日に行います。

季節の変わり目には邪気が生じると考えられており、その邪気払いの行事として豆まきを行います。

豆まきには、魔目(豆)を鬼の目に投げつけて鬼を滅する事(魔滅)で邪気を追い払うという意味合いがあります。

鬼を払ったあとには福を呼び込むという意味で「鬼は外、福は内」の掛け声をかけます。

節分の行事には欠かせない掛け声ですね。

節分に使う豆にも由来があります。

古くから穀物には「邪気を払う霊力がある」と考えられていました。

大豆もその一つで「穀霊が宿る」といわれています。

このことから大豆には鬼を払う力があるとされてきました。

豆まきには「悪い芽が出ないように」という願いを込めて、必ず炒った大豆が使われていました。

節分に使う豆は地域で分かれる事が判明

ここ最近の調べで、節分で撒く豆が地域によって違うという事がわかりました。

おおまかに分けると福島、新潟から北の地域は落花生、それより南の地域は大豆が多く使われているのです。

では落花生を使う理由は何でしょう。

落花生は北陸から北海道に多く使われています。

雪の多い地域に使われていますね。

そこには
「豆まき後の掃除がしやすい」
「雪の中でも拾いやすい」
「殻をむいて食べるから衛生的」
「大豆よりも散らばらない」
というとても合理的な理由があったのです。

スポンサーリンク

どうやら落花生には大豆のような古くからの由来はないようです。

つまり、節分の豆には由来はあっても使う豆には特に決まりがありません。

小さな子供が大勢いる保育園では、大豆のように散らばりにくい落花生を使う方が豆まき後の掃除がとても楽にできますね。

保育園で落花生や大豆を使う時に気を付けたいこと

保育園で豆まきをする際に選ぶ豆についてですが、落花生は小さな子供でも探しやすく、後片付けが楽であり、その後も衛生的に食べることができるという利点があります。

しかし小さな子供には気をつけなければならない点があります。

まず、落花生は大豆よりも大きいため、大豆よりも当たった時の痛く感じやすいです。

保育園児は赤ちゃんから年長まで年齢差が広いため、小さな子供には特に配慮が必要になります。

次に落花生にアレルギー反応を示す保育園児がいないかを確認することが必要です。

ピーナッツアレルギーは卵、牛乳と並んで多いアレルギーの一つです。

中には殻から出た粉からアレルギー症状を引き起こす子供もいます。

ピーナッツアレルギーの主な症状は喘息、アレルギー性鼻炎、アナフィラキシーショックです。

命にも関わるので十分な注意が必要です。

よって落花生を使用する際は保護者への事前の確認がとても重要になります。

アレルギーに関しては、大豆を使用する場合も同様です。

大豆もアレルギーを引き起こす食品です。

大豆を使用する際も保護者への事前の確認が必要です。

アレルギーが心配な場合は、豆を使用するのではなく当たっても怪我をしないような軽いお菓子を用意する等、代替品の使用も良いかもしれませんね。

節分に使う豆に決まりはない

節分に使う豆には由来はあるものの、しっかりとした決まりはありません。

アレルギーの対応や片付けの効率などは保育園によって様々です。

一番は古くから伝わる節分の行事を大切にし楽しむことです。

伝統を大切にするというのは次の世代にもしっかり引き継ぐためにとても重要です。

子供の安全を第一に考え、みんなで楽しく豆まきをして無病息災を願いましょう。

スポンサーリンク

-季節行事・イベント, 節分
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

楽しく節分を体験できる!保育園で子供に人気のゲームを紹介

保育園では子供達に様々な季節行事を体験してもらうことも大切な保育の一つですよね。 堅苦しくならずに楽しんで節分を学んでもらうためには、ゲームを通して遊びながら体験することがおすすめです。 スポンサーリ …

衣替えの服収納の注意事項は?シワ、シミを防ぐ方法や便利グッズ!

季節の変わり目には衣替え。 毎年行っているはずなのに毎年後悔していませんか? 後悔した直後は「次こそは!」となりますが、 一年に二回しかやらないので、結局忘れてしまいがち。 なので後悔する前に気を付け …

男性にオススメの一人で過ごすクリスマスの楽しみ方を紹介!

街をイルミネーションが彩り、様々な場所でクリスマスソングを耳にするこの季節、気になるのはクリスマスの過ごし方ですよね? クリスマスだからって恋人や友人と過ごさなければならない決まりはありません! スポ …

バレンタインの金額相場は?付き合ってない相手にはどうしたらいい?

バレンタインにチョコレートなどの贈り物をする女性はたくさんいます。 バレンタインで贈り物を渡す相手には、 ・お付き合いをしている男性 ・まだ付き合っていない男性 ・義理で友達や会社の人 など近しい人に …

子供を連れた海水浴で心得ておきたい熱中症対策3つ!

夏と言えば海。夏休みの思い出作りに、子供を連れて海水浴へ行く家庭も多いのではないでしょうか? そんな海水浴で気をつけたいのが熱中症です。 「海に入っていれば大丈夫」と思っていませんか?実は海の中でも汗 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。