毎日ゲンキ!

生活の気になるアレコレを調査!

季節行事・イベント 節分

楽しく節分を体験できる!保育園で子供に人気のゲームを紹介

投稿日:

保育園では子供達に様々な季節行事を体験してもらうことも大切な保育の一つですよね。

堅苦しくならずに楽しんで節分を学んでもらうためには、ゲームを通して遊びながら体験することがおすすめです。

子供達も参加しながら楽しめる節分ゲームを紹介します。

節分に何をしようか悩んでいる先生は是非参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

乳児さんでも楽しめるぽっとん落とし

ぽっとん落としとは、穴をあけた箱などの中に、丸や四角などの様々な形のものを落として遊ぶゲームです。

大きい穴や小さい穴、様々な形の穴を作っておいて、その穴に合わせた形を選びます。

ぴったりの形を見つけて穴に落とす感覚が楽しくて何回も挑戦する子や黙々と集中する子もたくさんいます。

保育園には、月齢の小さな乳児さんもたくさんいますよね。

ぽっとん落としなら乳児さんから楽しむことができますよ。

手の小さな乳児さん向けにペットボトルの蓋を重ね合わせて座りながらやうつぶせでも楽しめるぽっとん落としをつくることもおすすめです。

蓋と蓋の間にお米などをいれて音が出るように工夫すると、興味をもってもらいやすいですよ。

節分の時には、カラーボールを豆にみたてたぽっとん落とし遊びが盛り上がります。

鬼の顔や金棒を段ボールなどでかたどって、カラーボールが入るくらいの穴を何か所か開けておきます。

そして、カラーボールを持った子供たちに「鬼は外!福は内!」と言いながら穴にカラーボールをどんどん落としていってもらいます。

ルールがわかる月齢の場合は、班やグループ対抗で制限時間内にどのくらいのカラーボールを落とせるか競い合っても盛り上がるでしょう。

体を使って豆まきができる風船的あてゲーム

風船的あてゲームとは、文字通り風船を的にして的あてをするゲームです。

保育園の節分では鬼役の先生に豆を投げて当てるという風習はありますが、人に物を投げることに楽しさを覚えてしまったら嫌ですよね。

そこで大小さまざまな風船を用意しておいて、それぞれの風船に鬼の顔を描いておきます。

色画用紙で角や牙をつけると鬼らしさがでます。

その風船を部屋のいろいろなところに仕掛けておきます。

スポンサーリンク

天井からつるしたり、棚にくっつけておいたりすると良いでしょう。

本棚の中やおもちゃ箱の中など、かくれんぼの要領でこっそりひそませておいても楽しいですね。

子供達は、部屋中にいる風船の鬼にひたすら豆をぶつけます。

高いところにいる鬼にはなかなか当たらないのでジャンプをするなどの工夫が必要です。

部屋中を走り回れるので、運動の代わりにもなりますよ。

隠れている鬼を探すのも宝探し感覚で面白いです。

風船の鬼にぶつける豆は、保育士の方で準備しても良いですし新聞紙や軽い紙粘土を使って子供達と手作りしても良いですね。

的あてゲームのあとは、風船を使って風船バレーをすることもでき、二度おいしいゲームです。

豆にみたてたボールで遊ぶ節分ボーリング

節分ボーリングとは、ルールは普通のボーリングですが、ペットボトルなどに鬼の顔を張ってピンにして、ボールを豆に見立て行います。

豆に見立てたボールをピンにあててどれくらい倒れたかを競う簡単なゲームです。

ボールを転がすだけなので、乳児さんから楽しむことができますよ。

4歳から5歳くらいになると、ピンやボールを一緒に手作りしてもいいですね。

どうすれば倒れやすいピンが作れるのかやどんな顔を描こうかと一緒に考えながら作ることができます。

ボールも新聞紙を丸めて簡単に作ることができますよ。

新聞紙を破ったりぐしゃぐしゃにしたりすることも子供達にとってはとても楽しい作業です。

手作りのボーリングで遊ぶのはすでにあるゲームで遊ぶ以上に子供達にとっても楽しいものです。

ボーリングは、個人戦でもいいですしチーム戦にしても盛り上がります。

少人数保育の保育園の場合でしたら、縦割りでチームをつくれば異年齢集団の絆が深まるきっかけ作りにもなります。

保育園で節分をゲーム感覚で子供と楽しむポイント

保育園での節分行事はただ単に遊ぶだけではもったいないです。

ゲーム感覚で遊べるのはもちろん、さらにその行事の記憶や印象にしっかりと残せると素敵です。

また子供たちの成長に合ったものであるか、安全で安心して遊べるものかどうかということを考えて企画することがポイントです。

また、節分は鬼がこわいだけなどの偏った考え方にならないように、節分の由来などを絵本や紙芝居で導入してからゲームにはいるとよいでしょう。

スポンサーリンク

-季節行事・イベント, 節分
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

男性一人ぼっちのクリスマスを忘れられる有意義な過ごし方とは?

クリスマスは、独り身の方にとっては最も辛いイベントの一つではないでしょうか。 クリスマスが寂しいと感じる理由はもちろん、一緒に過ごしてくれる「彼女」がいないからです。 スポンサーリンク 友人と「ワイワ …

独身者のクリスマスに一人ぼっちを回避する方法!

独身、独り身、彼女・彼氏なし・・・ 年末の足音が聞こえてくると気になるのが、クリスマスの過ごし方。 クリスマスをどう乗り切るかということは、男性・女性ともに年を越すため年賀状同様に取り組まなければなら …

残暑見舞いの時期はいつから?暑中見舞いと両方送る?会社用の例文は?

仕事で忙しかった夏も終わったので、 会社でお世話になった人へ「残暑見舞い」を送ろう! スポンサーリンク でも今の時期は残暑見舞いで合ってるのかな? いきなり残暑見舞いを送ってもいいのかな? どんな文章 …

保育園での節分で子供が泣く時はどう対処する?

保育園によってはイベントを大切にしているところも多く、2月3日の節分も例外ではありません。 定番でいえば鬼の面をかぶった先生が子供達から豆を当てられるというものですが、盛り上がるイベントでもあります。 …

お盆に帰省する実家に手土産は必要?お供え物は別に用意する?

お盆は実家に帰省します! という人はとても多いです。 毎年、帰省ラッシュのニュースが流れているのを見れば一目瞭然ですね。 そんなお盆の実家に帰省するときに手土産を用意していますか? スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。