毎日ゲンキ!

生活の気になるアレコレを調査!

仕事・お金

就活生に教える、ノー残業デーがある会社はブラック企業かゼブラ企業

投稿日:

“ノー残業デーがあります!”

と自信満々に採用ページに載せている企業があります。

これを見たときの私は、自社の欠点を堂々と紹介していて潔いな、と感心します。

もしこれを利点と考え載せている企業があるのならば、なんと愚かな考え方をしているのか、と笑ってしまうことでしょう。

未来ある就活生には声を大にして教えたい。

「ノー残業デーがある会社はブラック企業かゼブラ企業ですよ」ということを。

スポンサーリンク

「ノー残業デー」はブラック企業の特徴

ノー残業デーということは、普段はイエス残業デーなわけです。

そもそも残業がない会社なんてないだろ!という指摘はあるかもしれません。

確かに現代の日本では、民間企業でも公務員でも残業が全くないのはごく少数だと思います。

しかし一言で残業といっても、日々1~2時間の残業と日々5~6時間の残業では勝手が違います。

そしてノー残業デーを謳っている会社のほとんどが残業時間が後者のようなブラック企業なのです。

そもそもノー残業デーが生まれた経緯

そもそもノー残業デーという方針を会社で取り入れる場面というのは、会社の残業時間が問題となり、精神病の人が出たりや労働基準監督署の指導が入ったことによることです。

そもそも残業がない会社では、ノー残業デー、なんて言葉は使いませんよね。

稀に「ノー残業デー」と謳っている会社でホワイトな企業もあるかもしれません。

基本的に毎日定時退社が出来て、年に1度の繁忙期でも週に1日はノー残業デーにしますよ、という意味で使われていることでしょう。

しかしその“稀”に人生を掛けてしまっていいのでしょうか?

それで後悔するならば、最初からその企業を選ばないか、“稀”を探して企業で働いている先輩社員を探し出して現状を聞いてみるのが良いでしょう。

インターンなどでは見抜けないゼブラ企業

就職活動に積極的な大学生ならばインターンで興味のある企業に訪れたことがあるかもしれません。

「ノー残業デー」を謳っている企業にインターンに行ったらまったく残業してなかった!という経験もあるでしょう

でもブラックではなさそうだ、と判断もすることは早計です。

いざ就職してみたらブラックな労働環境だったということはよく聞きます。

インターンの時にホワイト企業だと思っていても、それはゼブラ企業の可能性があります。

ゼブラ企業の説明を簡潔にすると、部署によってはホワイト、部署によってはブラックという企業です。

ブラック部署という言葉もありますが、それは入社後の人が使う言葉なので、就活生にはゼブラ企業の方がしっくりくると思います。

インターンでは全ての部署を見るわけでもありませんし、企業側としても就活生に内部を全て見せないのは当たり前のことです。

ブラックな労働環境で働きたくないならば、「ノー残業デー」と謳っている企業には行かな方がいいでしょう。

スポンサーリンク

本当にやりたいことでなければその会社は選ぶな!

そうは言っても、やりたいことがその企業でしか出来ない!という人もいるでしょう。

それが本当にやりたいことであれば、その企業を選ぶのも良いと思います。

周りから見ればどんなに過酷な労働環境でも仕事を楽しんでいる人は大勢います。

例えば漫画やアニメのアシスタントは労働環境で言えばとてつもなくブラックであるといいます。

特に連載中、放映中では泊まり込みが当たり前で一カ月も家に帰れない人がいるというのはよく聞く話です。

ですが漫画家やアニメーターなりたくて、尊敬する先生のもとでアシスタントを経験したい!という人は望んでそういう環境に飛び込んでいきます。

会社の研究職でも1回の実験が10時間以上掛かり、寝る暇もないという人もいますが、理論の実現や未知の探求が三度の飯より好きで研究に没頭できる人がいます。

医療分野の研究では、人の命を救いたい、悩みを解決したいという揺るがない意志を持って日々頑張っている人もいます。

他にも営業職では勤務時間外や休日に客先からの問い合わせがあって対応したり、休日には接待をして自分の時間を持てない人がいます。

でもそれを本当に楽しんでいる人はたくさんいます。

そういう人はどんなに周りからブラックだと言われても、それが生きがいなので苦に思っておらず喜んで仕事をしています。

こう考えれば、「ノー残業デー」と謳っている会社に行くな!というよりも、本当にやりたい仕事ですか?というところを自問自答したほうが良いかもしれません。

理系、技術系によくある失敗

先ほど本当にやりたいことであれば、その会社に行くのは良い、というようなことを言いました。

でも理系の就活によくある失敗で、その会社の特定の部署に行かなくては、望んだ仕事が出来ない!という人が望んが部署に行けないということです。

例えば車の開発に携わった仕事をしたい!という人が、大手の車メーカーに就職してもひたすら検査や管理部門の仕事しか出来ないということはよくあることです。

また就職してから部署異動を申請すればいい、と考えている人もいますが、部署異動は会社の都合で決まります。

なのであなたが申請をしたところで、会社側がその意志を組んでくれるかはまた別なのです。

特にあなたがやりたいこと、というのは他の人もやりたいことです。

そんな競争の激しい部署にあなたが偶然行ける、という可能性は少なくなります。

それならば、下請け、孫請け企業でその分野を特化している企業や新興企業で新しく参入を目指している企業を探した方がやりたいことが実現できるでしょう。

まとめ

就職活動では当然企業が提示している条件を見ることでしょう。

しかし「ノー残業デー」は利点に見えて、重大な欠点なのです。

もしも本当にやりたいことがあるならば、その会社への就職をお勧めいたします。

しかし労働条件を見て企業を選んでいる場合には、一度企業の調査や自分のやりたいことについてもう一度考えてみると良いでしょう。

スポンサーリンク

-仕事・お金
-, ,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

そもそも恵方巻きって何?販売ノルマは拒否出来るの?

毎年節分の時期になるとコンビニやスーパーなどで恵方巻きの販売が行われます。 お総菜コーナーに大量に用意される恵方巻きですが全て完売するということは稀で、必ず廃棄品が発生します。 恵方巻きの大量廃棄問題 …

年末の挨拶、取引先にカレンダーを渡すタイミングはいつがいい?

年末の挨拶で、取引先にカレンダーを配る役目を任されて、いつ渡すのがいいのかと悩んでしまう方も多いのではないでしょうか? また、カレンダーを郵送する場合、送付状にはどのようなことを書けばいいのかと困って …

「仕事を辞めたい」という人が一番「仕事のために生きている」

「仕事を辞めたい」 そう思うあなたに質問です。 「あなたは、生きるために仕事をしていますか?仕事をするために生きていますか?」 99%の確率で「生きるために仕事をしている」と答えているでしょう。 指摘 …

残業を減らすために一社員が行動する3つの事「サービス残業を無くそう」

仕事が多すぎて残業の毎日。仕事が終わらないからサービス残業で何とかこなす日々。 早く帰りたいのになかなか帰ることが出来ない。 でも職場のみんなが残業しているから自分だけ弱音は吐けない。 そんな悩みを抱 …

休職中の生活費は傷病手当金|支給資格と金額、申請方法を解説

仕事以外での事故や怪我、生活習慣病などでの入院、 または労災と認められにくい精神的な病気など 一時的に働けなくなるとその間は会社からの給料が なくなります。 スポンサーリンク そんな時には、健康保険組 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。