毎日ゲンキ!

生活の気になるアレコレを調査!

バレンタイン 季節行事・イベント

バレンタイン、会社の同期や上司への義理チョコは?金額や相場は?

投稿日:

バレンタインも大人になると、会社で一緒に働く同僚や上司・上長などにもチョコレートなどを準備することになります。

準備を面倒に感じる人もいるかもしれませんが、いつものお礼の気持ちを伝えるのにも良い機会ですね。

それぞれの会社にもよりますが、義理チョコレートの費用はそこまで高額ではない様子。

その金額とは、いくらなのでしょうか?

スポンサーリンク

会社の同僚、同期などに送る金額は500円から1000円くらい

まず、最も多くの人が考える送り先としては、一緒に働く同僚や同期、同じ部署の人たちなどです。

こういう人に贈る場合、だいたいあまりお金をかけない事が多いとされています。

一人ひとりに準備する場合、だいたい500円から1000円くらいのチョコレートを準備する事が多いでしょう。

安いものをたくさん購入して多く配るというパターンですね。

また、その次に多くみられるのが500円未満というもの。

この場合はチョコレートを贈るにせよ義理なので安く済ませたい、という考えもあるようです。

安いチョコレートでもそれなりの見た目のものを選べば、安いチョコレートとバレません。

たくさんのチョコレートを買うので、まとめ買いで安くなるという可能性もあるかもしれません。

また、最近は女子の間でも義理チョコを贈らないという人や、できるだけ安くしたいという人も増えてきました。

中にはまとめ買いしたチョコレートを贈るため、一人あたり100円以下で済ませるという女子もいます。

安いチョコレートで十分という社風なら、お金をかけなくても良いでしょう。

上司へ贈るチョコレートの金額は1000円くらい?

義理チョコを贈る先としてもう一つあるのが、上司ですね。

上司の場合はお返しが良くなったり、ちょっと目をかけてもらえるかもしれないという下心付きの人もいるのではないでしょうか。

ただ、最近では上司へ贈る金額もあまり高くはありません。

上司へ当てた義理チョコの金額は、大体1000円くらいが主流となっています。

スポンサーリンク

これは同僚などに贈る金額よりもちょっと多めで、良いチョコレートを贈る事ができるかもしれません。

ちなみに、上司だから・同僚だからといって、あからさまに金額を変えすぎると嫌がられる可能性が高くなります。

同期には安い物、上司にはブランドの高額なチョコレート、というように明確に分けすぎると嫌味ですよね。

また、上司だからと高級なチョコレートを奮発して購入すると、今度はお返しに気を使うことになるため嫌がられる場合もあるのです。

会社でのチョコレート、少しでも安くする方法は?

義理とはいえチョコレートを配らないといけない場合、少しでも出費は節約したいものですよね。

もしお金がなかったり節約したい場合、知恵を絞っている人も少なくありません。

まず、個包装のチョコレートを選ぶ場合、金額が安くてもパッケージが高そうに見えるチョコレートを選ぶのが基本中の基本です。

中身もトリュフや粒のチョコレートを選ぶと、そこそこお金をかけたものに見えるでしょう。

もうひとつは、大袋にたくさん入っているチョコレートを購入して、送る人数分を個包装するという方法です。

そのまま贈るとあまりにシンプルすぎるので、ラッピンググッズで包みかえます。

そうすると、きれいに見えるしそれなりに金額も節約できるでしょう。

また、それなりのブランドの高価なチョコレートでも、たくさん入っているものを選び、それを休憩室や給湯室に置くことで一人づつには渡さず済ませるという人もいます。

たくさん入っているので見栄えする上、チョコレートが不要な人には配らなくてよいのもメリットです。

義理チョコにはあまりお金をかけない傾向

実は本命へのチョコレートは2000円から3000円くらいが主流とされています。

それと比べると、あまり金額は多くはありませんね。

いろいろな人に贈るということもあり、義理のチョコレートは数百円くらいで済ませる人が多いようです。

年に一度お礼を伝えるチャンス、安いチョコレートでも十分に気持ちは伝わるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

-バレンタイン, 季節行事・イベント
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

子供を連れた海水浴で心得ておきたい熱中症対策3つ!

夏と言えば海。夏休みの思い出作りに、子供を連れて海水浴へ行く家庭も多いのではないでしょうか? そんな海水浴で気をつけたいのが熱中症です。 「海に入っていれば大丈夫」と思っていませんか?実は海の中でも汗 …

秋の交通安全運動を行うのはなぜ?運転ルールや夕暮れ時の注意点

毎年秋口に、交通標語の募集が行われています。 これは交通安全、事故防止運動を行うためです。 でも毎年毎年、なぜ秋口にに交通安全運動を行うのでしょう。 またどんなことを心がければよいのでしょう。 スポン …

お盆玉って何?お小遣いを渡すのは必要なの?親戚の子供渡す相場は?

子供のころ親戚からお小遣いをもらった経験はありますか? お年玉を代表として、大人になるとお小遣いをもらう側から渡す側になります。 お盆の帰省の時に親戚の子供たちと会う機会がありますが、 お盆の時にはお …

会社の忘年会や新年会!余興は何をすればいい?練習期間が短いくて済むものは?

社会人として会社勤めをしていると、忘年会や新年会といったものに出席することも多いでしょう。 そのような時に、余興を任されるということもあるでしょうが、何をしたらいいのかわからないと悩んでいる人もいます …

小学校の入学式を終えたばかりの頃の下校時間は?

子どもが入学式を迎え、親として感慨深く感じる人も多いでしょう。 しかし、感動に浸っている暇もなく、子どもの小学校での生活は始まります。 そんな時に気になるのが、子どもの下校時間です。 下校時間に合わせ …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。