毎日ゲンキ!

生活の気になるアレコレを調査!

入園式・入学式 季節行事・イベント

小学校の入学式を終えたばかりの頃の下校時間は?

投稿日:

子どもが入学式を迎え、親として感慨深く感じる人も多いでしょう。

しかし、感動に浸っている暇もなく、子どもの小学校での生活は始まります。

そんな時に気になるのが、子どもの下校時間です。

下校時間に合わせて帰宅すべきか、学童保育に預けるべきか、時間帯によって悩む人もいるでしょう。

そこで、小学1年生の1日のスケジュールを踏まえつつ、下校時間について紹介します。

スポンサーリンク

小学1年生の1日のスケジュール

登校時間から逆算して、起床は6時から7時位の子が多いようです。

保育園や幼稚園の頃よりも、起きる時間が早くなる子もいるかもしれません。

小学校での6年間を規則正しく過ごすためにも、毎日決められた時間に起床し、しっかりと朝ご飯を食べてから登校できるとよいでしょう。

朝ご飯を食べる子どもの方が、脳にエネルギーがいく都合上、集中力や記憶力が高くなるといわれています。

朝は忙しくて大変ですが、バナナやパンなど、簡単に用意できるものだけでも食べさせると、午前中のやる気にもつながります。

また、今までは親が身支度を手伝っていた場合、少しずつでも自分でできるように促しましょう。

なぜなら、学校でいざ1人で着替えなくてはいけない時に、子ども自身が困らないための練習になるからです。

これらのことから、起床・朝食・身支度など一連の動きを考えると、自宅から小学校までの距離にもよりますが、遅くとも7時位までには起床させましょう。

登校時間は、だいたい8時位になります。地域にもよりますが、最初のうちは登校班を作って集団で学校に向かうところもあります。

しかし、登校班がある場合でも、入学前に親子で通学路を実際に歩いて確認すると、危険な場所などを知ることができるのでオススメです。

授業は45分程度で、午前中に4時間目まで行われます。

最初のうちは、学校生活に慣れるためのカリキュラムを組むことが多いようですが、年長の間に相手の話を集中して聞く習慣を身に着けておくと、スムーズに授業に馴染めるようです。

給食は、12時30分前後に始まります。

無理をしてでも完食させるということは無いようですが、給食の時間中に歩き回ったりしないなど、食事中のマナーについてあらかじめ教えてあげるとよいでしょう。

スポンサーリンク

下校時間は、14時から15時位になります。

ただし、入学してから1週間、もしくは2週間程度は、給食を食べずに午前中で帰ってくる学校が多いようです。

ここでのポイントは、最初の慣らし期間と通常の下校時間ではかなりの差があることです。

そのため、仕事をしている人は特に、これらの期間の調整が重要です。

学童保育を利用する場合、月額料金や都度利用払いなど、場所によって料金システムが異なっているので、慣らし期間から通常授業へ移行する時の対応や料金などを、事前にしっかりと確認しましょう。

また、入学したての頃は、午前中の授業だけでも疲れて帰ってくる子供が少なくないので、帰ってきたらしっかりとフォローしてあげましょう。

帰宅後、小学校1年生のだいたい8割の子どもが、少なくとも30分ほどは家庭学習を行っているようです。

低学年のうちから宿題を出すかどうかは、学校やクラス担任の方針によって異なります。

しかし、少しずつでも家庭学習を続けていくことで、学年が上がって自分で学習をする必要が出てきた時に、自主的に机に向かえるようになるでしょう。
次の日に持っていく物の準備は、就寝前には終わっているとよいでしょう。

当日の朝に準備をしている家庭もありますが、前もって用意をしなければいけない物が必要な場合もあるので、低学年のうちは親子で一緒にチェックをすると安心です。

就寝時間は、20時から21時位になるのが理想的です。

親の帰宅時間や習い事の都合などで、きっちりこの時間に収まらない場合があるかもしれません。

ただし、学力の面から見た小学生の理想的な睡眠時間は8時間から10時間といわれているので、可能な範囲でこの時間に就寝できるとよいでしょう。

慣らし期間があることに注意

給食を食べずに午前中で帰宅をする、入学したての慣らし期間の長さは、学校によって異なります。

しかし、午前中のみと午後も授業が続く場合では、帰宅時間に3時間程度の差があるので、注意が必要です。

また、新生活で慣れないことが多い中、帰宅時間も違ってきますので、学童などに預ける場合の事前の確認はもちろんのこと、子ども自身へのフォローもしっかりと行いましょう。

スポンサーリンク

-入園式・入学式, 季節行事・イベント
-,


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

敬老の日は何歳から?年齢は?両親にもお祝いって必要?

敬老の日はおじいちゃん、おばあちゃんにお祝いを! とよく言われますが、「おじいちゃん」「おばあちゃん」 っていったい誰のことを言っているのでしょう。 スポンサーリンク 夫、妻の両親にプレゼントを贈った …

七夕を保育園でするには?物語や出し物で盛り上げよう!

保育園の七夕の担当になったけどどうすればればいいだろう? 保育士さんに話を聞くと結構この悩みを耳にします。 そこで七夕を園児と一緒に楽しめるようなイベントにするために 七夕の催しについて調べてみました …

お盆に帰省する実家に手土産は必要?お供え物は別に用意する?

お盆は実家に帰省します! という人はとても多いです。 毎年、帰省ラッシュのニュースが流れているのを見れば一目瞭然ですね。 そんなお盆の実家に帰省するときに手土産を用意していますか? スポンサーリンク

大分市から車で日帰りコスモス園のおすすめ3選!【2018年秋】

秋の観光スポットの定番の一つがコスモス園です。 道端に咲くコスモスも綺麗ですが、どうせなら一面に咲くコスモスを見たくないですか? スポンサーリンク 今回は大分市から車で日帰りで見に行けるコスモス園のお …

お盆の手土産におすすめなものは?食べ物以外のものや通販のイチオシ

お盆の帰省には、手土産を持参するのがマナーです。 でも手土産といっても何を買って持っていけば・・・ と悩んでしまいますよね? なので手土産におすすめするものを紹介していきます。 スポンサーリンク

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。