毎日ゲンキ!

生活の気になるアレコレを調査!

健康・美容・運動 夏休み 季節行事・イベント 旅行・観光・遊び

子供を連れた海水浴で心得ておきたい熱中症対策3つ!

投稿日:

夏と言えば海。夏休みの思い出作りに、子供を連れて海水浴へ行く家庭も多いのではないでしょうか?

そんな海水浴で気をつけたいのが熱中症です。

「海に入っていれば大丈夫」と思っていませんか?実は海の中でも汗はかいています。

海水浴で子供が熱中症にならないためにも、どのようなことに気をつければ良いかを見ていきましょう。

対策1:ラッシュガードを着せる

夏は日差しが強いため、直射日光を浴びるだけでも体温が上昇してしまいます。

そのため、熱中症対策をする上で直射日光を避けることは必須となります。

直射日光対策で有効なのがラッシュガードです。

ラッシュガードとは元々サーファーが擦り傷などの怪我を予防するために着ていたもので、現在では紫外線対策としてサーフィンをしない人たちにも着られるようになってきました。

紫外線対策ならばパーカーなどでも十分ですが、通気性が悪い生地のものを選んでしまうと熱が逃がしにくいため、かえって熱中症を引き起こす可能性もあります。

その点、ラッシュガードならば通気性が良いので、日光を防ぎつつ身体の熱も逃がしてくれます。

帽子やタオルで頭や身体を日光から守るのも熱中症対策には有効です。

しかし、海に入って遊ぶ子供の場合、ずっと帽子をかぶらせておくわけにはいきませんが、ラッシュガードならば着たままでも海に入れます。

ラッシュガードを選ぶ際は、子供の身体にフィットしたものを選ぶように気をつけましょう。

大きすぎるラッシュガードを着て海に入ると、ラッシュガードと肌の隙間に水が入り込み、動きづらくなってしまいます。

多少動きづらいだけならば問題ないですが、最悪の場合溺れる原因にもなりかねません。ラッシュガード選びは慎重に行いましょう。

対策2:休憩を取らせる

海水浴に来た子供はついはしゃいでしまい、休むことなく遊び続けてしまいます。

そこで、大人が上手に休憩を取らせるように気を配りましょう。

運動量にもよりますが、30分に1回程度休憩を取るのが目安です。

スポンサーリンク

休憩と言っても、ただ大人しく座れせておけば良い訳ではありません。

休憩に最適な環境を整えてあげましょう。

まずは日陰を確保します。

日陰になるような場所が海水浴場にあれば良いですが、絶対にその場所を確保できるとも限らないので、日陰を作るような道具をあらかじめ準備した方が安心です。

ポップアップテントやパラソル、レジャーシートなどでゆっくりと身体を休めることができるスペースを作りましょう。

また、熱がこもった身体を冷やすために、風を起こせるアイテムなども用意しておくと良いです。

熱中症は風が弱い環境で発症しやすいため、気温は高くなくても風が弱い日は熱中症になる可能性があります。

うちわや小型扇風機などを用意して、遊んで火照った身体をいつでも冷やせるようにしておきましょう。

対策3:水分・塩分補給を促す

遊ぶことに夢中になっている子供は、多少のどが渇いたと感じても無視しがちです。

そのため、子供に変わって大人が水分補給を積極的に促す必要があります。

また、汗として水分と一緒に塩分も身体から出て行ってしまうため、塩分補給も忘れずに行いましょう。

飲み物はミネラル・ビタミンなどが補給できるものが望ましいです。

スポーツドリンクは、汗をかいた身体に必要な栄養素がたくさん詰まっているので、熱中症対策には打ってつけです。

また、子供が好む果物系のジュースにはビタミンが、食事と一緒に飲みやすい麦茶にはミネラルが含まれています。

子供が飽きないように、色々な種類の飲み物を用意しておくと良いでしょう。

ただし、緑茶などの利尿作用がある飲み物は身体から水分を奪うため、熱中症対策としての効果はイマイチです。

しっかり熱中症対策をして楽しい海水浴を!

夏にしか楽しめない海水浴とあって、子供たちはいつも以上にはしゃいでしまい、自分の体調には鈍感になりがちです。

そのため、一緒にいる大人たちが気にかけてあげる必要があります。

子供にとって海水浴が楽しい思い出になるかどうかは大人次第です。熱中症対策を万全にして、子供と一緒に海水浴を楽しみましょう。

スポンサーリンク

-健康・美容・運動, 夏休み, 季節行事・イベント, 旅行・観光・遊び


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

それって九月病?原因や症状はどんなもの?悪化しないうちに対策を!

夏の終わりを迎える九月 あなたは今、気分が落ち込んでいませんか? 現代のストレス社会では、どの季節でも落ち込むことはありますが、 九月は特に危険な季節です。 それって九月病かもしれません。 スポンサー …

テレビで紹介されるダイエットがなかなか成功しない理由とは?

テレビで話題のダイエットをやってみよう! そうやって始めたダイエット成功しましたか? スポンサーリンク

衣替えの服収納の注意事項は?シワ、シミを防ぐ方法や便利グッズ!

季節の変わり目には衣替え。 毎年行っているはずなのに毎年後悔していませんか? 後悔した直後は「次こそは!」となりますが、 一年に二回しかやらないので、結局忘れてしまいがち。 なので後悔する前に気を付け …

9月に肌荒れの原因は夏の日焼けと乾燥です。冬になる前に対策を!

9月になって肌荒れが気になりませんか? 肌がカサカサして、皮がむけやすくなっている。 最近になって、肌の弾力が無くなってきている。 そんな悩みはありませんか? でも深く悩まないでください。 いや、少し …

ウォーキングで日焼け対策できる服装は?最適な時間と防止する食べ物

肌の露出が増える夏場では、日ごろの運動不足が気になります。 春先からウォーキングをスタートする人が多いですが、 夏場の日差しが気になりますよね? そこでウォーキングでの日焼け対策を紹介します。 スポン …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。